[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

皆様へ 残暑お見舞い申し上げます。 投稿者: 《 作詞どっとこむ 》事務局 投稿日:2017/08/08(Tue) 17:29 No.565  HomePage

いつも《 作詞どっとこむ 》への投稿ありがとうございます。

立秋とは名ばかりで、連日の猛暑にいささか参っておりますが、
皆様はいかがお過ごしでしょうか。

夏ならではの思い出を作られる方、家にいるに限るよという方、
暑くて作詞投稿どころでないと思われた方、秋にはお待ちして
おりますよ!

お身体に気をつけてそれぞれの夏を満喫?してくださいませ。


名前 返信 文字色 削除キー

赤トンボ とんでるよ 投稿者: みーま 投稿日:2017/08/02(Wed) 08:19 No.563 
お庭で とんでるよ 
さらさら とんでるよ

赤トンボ 枝にとまった ほら!

うすいハネ きれいだね

  お空の オレンジに
  たくさん ならんでる

  赤トンボ 帰る お家はどこ?

  あの山の むこうかな?

    お庭に また来てね
    みんなで また来てね

    赤トンボ 明日 またあそぼうね

    待ってるね バイバイね
名前 返信 文字色 削除キー

小夜曲 投稿者: みらく 投稿日:2017/07/22(Sat) 20:54 No.548 

くちなしの 花の香りに 急かされて
目ざめた幼い 蝉たちが
土の中から 這い出して
木の肌に すがって登る 夕まぐれ


抜け出した はかない殻に しがみつき
とまどう幼い 蝉たちが
硝子の翅を ふるわせる
わかってる きっと眠れぬ 夜になる


風さえも しみる背中を 照らしてる
姿の見えない 月に訊く
わたし遠くへ 飛べますか
ひとりきり 闇へと堕ちる だけですか





※自分で附曲します^-^;




蜃気楼 > 1・2節と 地上に現れた蝉の幼虫たちを観察者の目線(神様の目線)で展開して、
3節では、その中のたったひとりの わたし が主人公・語り部となって・・・、
生あるものの ある一瞬の心理にスポットを当てられた、シリアスな内容の作品ですね・・・。
みらくさんは、歌人、です・・・。 (7/23-06:24)
No.549
秋村泰好 > みらくさんの生きものを思う心の有り様がしっかりと伝わってきますね。
歌の完成を心待ちしていますよ。 (7/23-10:25)
No.551
みらく > 蜃気楼さん、ありがとうございます。書き始めてみると、幼虫は歌にするには難しいテーマでした・・・^-^; 歌になっていると思っていただけて、うれしいです。 (7/24-11:55) No.555
みらく > 秋村さん、ありがとうございます。虫は苦手なんですが生態を知るといとおしくなります。蝉の一生の内、最も危険で最も美しい時間だ・・・と思って書いてみました。 (7/24-12:00) No.556
名前 返信 文字色 削除キー

ブヒブヒライダーのテーマ 投稿者: 秋村泰好 投稿日:2017/07/18(Tue) 19:17 No.543  HomePage
秋村泰好(季節風) 

Buhi Buhi
Buhi Buhi

ブヒブヒライダー、孤高のライダー
スーパーカブでどこへでも

ブヒブヒライダー、おとぼけライダー
雨が降ってもルンルンルン

ブヒブヒライダー 灼熱ライダー
ブログのためならどこへでも

Buhi Buhi


◇私が初代ボーカロイドMEIKOちゃんで創ることが出来た唯一の曲で、チェンライの友に贈った「ご隠居ライダー」のパート1に当たります。
◇後半のタイ語部分は、YoutubeのタイTV番組から拝借したもので、若いタイ女性が、なぜか最後に「カニカマ」と叫びます。
◇少し音が小さいです。お暇な時にでもどうぞ。

戸川智砂子 > 楽しい歌ですね。聴いていて身体をゆらしてリズムを取ってしまいます。
こういう曲もお得意ですね(^o^) (7/20-21:10)
No.545
秋村泰好 > コメント恐縮です。
昨日、タイのパタヤで、ブヒブヒライダーの本人と数ヶ月ぶりに再会しまして、最近、進出したらしい「丸亀製麺」のうどんを啜りながら、「人生、もうひと花咲かせよう」と語り合ったばかりです。 (7/21-11:37)
No.546
みらく > あ、パート1も疾走感がない^▽^ でもでも、1と2のどちらを聞いても「ブヒブヒライダーはヒーローなんだ!!」とわかります。すてきですね、男の友情。 (7/22-20:14) No.547
秋村泰好 > スーパーカブといっても130ccくらいあって、日本の原付とは大違いなんですよ。
彼は元英語教師(日本の高校)でして、今でもタイの邦人仲間のいろんなトラブルを解決してやる指導的立場にあり、とても頼りになります。 (7/23-10:16)
No.550
戸川智砂子 > タイでも「丸亀製麺」の店があるのですね,日本人の経営? うどんを啜りながらの会話は・・・。「人生、もうひと花さかせよう」は男同士だからですね。女同士では無理ですね。。 (7/23-10:40) No.552
秋村泰好 > 「丸亀製麺」は海外展開に力を入れているようですよ。経営も直営だと思います。
タイはかなり田舎の町までセブンイレブンがあって、ほんと、便利になりました。 (7/25-09:57)
No.557
名前 返信 文字色 削除キー

あなたにひとり旅 投稿者: 管理人 戸川智砂子 投稿日:2017/07/11(Tue) 14:32 No.534  HomePage

           戸川 智砂子 作詞
           多岐川 大介 作曲
           
    ひとり歩く旅です
    あなたの笑顔を 抱いていました
    花の絨毯(じゅうたん) 春の風
    空にひばりの 唄をきいています
     
    ひとり歩く旅です
    あなたに心は 飛んでいました
    雲をうつした 夏の川
    赤い夕焼け 夢がもえています
     
    ひとり歩く旅です
    あなたに手紙を 書いていました
    虫の鳴き声 秋の山
    沢にススキの 花が枯れています
     
    ひとり歩く旅です
    あなたの名前を 呼んでいました
    頬もしばれる 冬の里
    峰にこな雪 月も冴えています
 

みらく > 実は数日前から聞かせていただきたかったのですがYoutubeに飛べなくて困っていました。
子供のころ、いつも居間に歌声喫茶の歌集がありました。その中の一篇のようななつかしい雰囲気です。ソロもいいですけれど斉唱でお聴きしてみたいです*^-^*
(7/11-23:26)
No.535
管理人 戸川智砂子 > みらくさん、ありがとうございます。 懐かしい雰囲気といっていただけて嬉しいです。Youtubeに飛べなくてごめんなさいね。改めて投稿し直したので、聴いていただけたのですね。歌っているのはボカロのめいこです。斉唱という一つの案をいただきました。 (7/12-11:57) No.538
秋村泰好 > おお、初代ボーカロイトMEIKOちゃんですね。発売されたときは私も飛びついたのですけど、あまりな使いにくさにお手上げでした。コーラスみたいな形で1曲だけ創ったのですけれど、あれから14年近く経ち、今はボーカロイドも第4世代、なんにもしなくてもけっこう歌ってくれる時代になりました。 (7/18-18:51) No.541
管理人 戸川智砂子 > 秋村さま。初代よりも段々と進歩していくのですね。新しいめいこだったらもっと上手いでしょう。  (7/20-21:07) No.544
名前 返信 文字色 削除キー

母恋歌 投稿者: 穂積アスカ 投稿日:2017/07/10(Mon) 09:01 No.530  HomePage
作詞 穂積アスカ
作曲 浅木悟さん
歌 織田きょう子さん

お聴きいただけたら幸いです。

みらく > 聴かせていただきました。せつない、姿をおぼえていないおかあさんへの思慕の歌ですね。 織田きょうこさんのお声がやさしくて沁みます。
(7/10-17:31)
No.532
穂積アスカ > お聴き頂きありがとうございます^^ 
織田きょう子さん、歌がとてもお上手ですよね!
(7/10-18:21)
No.533
名前 返信 文字色 削除キー

ごめんね。 投稿者: みらく 投稿日:2017/07/08(Sat) 22:34 No.516 

♂ うるむひとみが いとおしい
  にたものどうしと おもってた
  けれどいだいた こいごころ
  こらえておまえに せをむける

    ごめん ごめんね
    おいらはやもり
    ひともじちがう だけだけど
    いもりじゃないのさ はちゅうるいなのさ


♀ まるいゆびさき すてきだわ
  ほほえみかけたの ガラスごし
  ついていきたい でもだめね 
  やっぱりおみずが こいしいの

    ごめん ごめんね
    わたしはいもり
    ひともじちがう だけだけど
    やもりになれない りょうせいるいなの


♂&♀ ちがう ちがうね
    やもりといもり
    まえあしにある ゆびのかず
   ♂おいらは5本で 
   ♀わたしは4本

♂&♀ ごめん ごめんね
    やもりといもり
    どちらもわるく ないけれど  
    さよならしようね あいしてるけれど




※附曲予定です

秋村泰好 > 「わたしはコマツ」もけっこうな衝撃でしたけど、やもりといもりの歌もインパクトがありますね。みらくワールド全開、「ごめんね。」はどんな曲になるのか、聞きたいですねェ! (7/9-08:30) No.523
蜃気楼 > ひとつの恋愛のカタチですね・・・。深い内容をさらりと軽いタッチで書いてしまう感性と筆力、素敵です。 (7/9-17:22) No.524
みらく > 秋村さん、ありがとうございます。他の方が附曲してくださるのを待っているところなのですが、自分でもEテレ0655の「さらば八戸」みたいな曲をつけて鼻歌で歌っています。 (7/9-19:34) No.528
みらく > 蜃気楼さん、ありがとうございます。動物モノは、演歌詞を書けない私にとって演歌の代わりなのです。人に置き換えればベタな、報われぬ恋の物語であることを読み取っていただけてうれしいです。 (7/9-19:36) No.529
戸川智砂子 > “やもり”と“いもり”ですか・・。同じ場所にはいないのにですね。脱帽です! 発想は凄いですね。
私は、いもりを見ると悲鳴を上げて逃げます。やもりは・・というとドキッ!!として声も出ませんね・・。 附曲されたら聞いてみたいですね。 (7/23-20:29)
No.554
みらく > 戸川先生、ありがとうございます。書き込みが遅くなりまして申し訳ございません。
以前、お題をいただいて書いたものです。お題を出した方は冗談のつもりで、まさか私が書くとは思わなかったそうです。 (7/27-21:34)
No.558
戸川智砂子 > どなたかの冗談からの発案であっても良いですよね。”お題を出す“ というのも落語でしたよね?良い案ですね! そばに助け船?を出してくれる人がいるというのが素晴らしいですね! それに答えられるみらくさんはもっと素晴らしいですよ。 (7/27-22:20) No.560
みらく > はい、お題をいただけるのはありがたいことです。
今でも身近な人との会話からテーマをいただいて書いています。その人たちは私が詞にしていることを知りませんが^o^; 大切にしたいと思っています。 (7/27-23:57)
No.562
名前 返信 文字色 削除キー

ご隠居ライダーのテーマ 投稿者: 秋村泰好 投稿日:2017/07/08(Sat) 13:10 No.512  HomePage
詞・曲 秋村泰好(季節風)
歌:ミクちゃん他

(1)
その名はブヒブヒ・ライダー
無敵の灼熱ライダー
北はメーサイ、南はハジャイ
熱い大地を駆け抜ける

そんな時代もあったけど
今じゃ田舎でわび住まい
走らぬバイクで子猫が昼寝
タイヤにクモの巣はってます
(Hey,hey,hey,hey)
恋し懐かし ブヒブヒ・ライダー
今は儚き 日帰りライダー   

(2)
たまの走りは嫁乗せて
近所のスーパーにお買い物
若い売り子に色目を使い
嫁に見られて叱られた
(Hey,hey,hey,hey)

誰が名付けた ご隠居ライダー
麗しチェン・ライ ご隠居ライダー

恋し懐かし ブヒブヒ・ライダー
今は儚き 日帰りライダー 

*タイ・チェンライ在住で、還暦過ぎてもバイク・ツーリングをしたがる朋友のために創った曲です。
*「ブヒブヒ」は彼が展開していたブログのHNです。

みらく > 秋村さん、お久しぶりです! ライダー!!なのに、疾走感ゼロの のどかさに、笑ってしまいました。 (7/8-22:15) No.514
秋村泰好 > みらくさん、コメント感謝です。
昔はそれなりに疾走感もあって、タイを縦横無尽に走り抜ける彼のブログは大人気だったんですよ。今でも、思いだしたように、「俺は走る」と言い出すのですが、タイ人の奥さんから「ダメッ!」と言われると、すんなり諦めて老猫の世話をしています。 (7/9-08:13)
No.522
蜃気楼 > 時速30Kmくらいのここちよいリズムそしてサウンドの楽曲ですね・・・。まだ経験のないタイの風を、感じさせていただきました。 (7/9-17:31) No.525
秋村泰好 > 蜃気楼さん、コメントありがとうございます。
タイには、「ルークトゥン」とか「モーラム」などという「大衆歌謡」がありまして、この曲は「モーラム」を意識して創りました。
日本の歌謡界に勢いがあった頃は、日本の曲もよくタイ語で歌われていましたけど、最近はほとんど耳にしませんね。 (7/9-18:11)
No.527
戸川智砂子 > 楽しい! 楽しい! 聴いていて本当に嬉しくなりますね。秋村さんのおかげですね!。感謝です! (7/27-22:24) No.561
名前 返信 文字色 削除キー

空色のフシギ 投稿者: みーま 投稿日:2017/07/03(Mon) 23:36 No.511  HomePage
空色 とっても フシギだね
晴れの日 青色 うれしい気分
そうして 夕がた 赤色に
黒色 夜には 
月のき色と 光る星色

空色 ほんとに フシギだね
雨の日 はい色 ぼんやり気分
そのうち やんだら 青色に
なな色 そまった
まるの半分 虹のかけはし
  
笑顔で見てる 虹は夢色
名前 返信 文字色 削除キー

ふわふわり 投稿者: みーま 投稿日:2017/07/03(Mon) 20:18 No.510 
たんぽぽ咲いてる ふわふわり
風に揺られて ふわふわり
き色が ふわり かわいい春だよ

三かくヨットが ふわふわり
海に揺られて ふわふわり
青いほ ふわり 乗りたい夏だよ

公園もみじが ふわふわり
風に吹かれて ふわふわり
まっ赤が ふわり きれいな秋だよ

わたゆき空から ふわふわり
出した手のひら ふわふわり
まっ白 ふわり つめたい冬だよ



  ※ 附曲あり
名前 返信 文字色 削除キー

スイカ党 メロン党 投稿者: みーま 投稿日:2017/06/30(Fri) 09:13 No.507 
僕はスイカ党 スイカが大好き
シャッキリ食感 最高じゃん!

私メロン党 メロンが大好き
フンワリ食感 最高じゃん!

僕はスイカ党 スイカが一番
さっぱり甘さに ほっぺポロン♪

私メロン党 メロンが一番
まったり甘さに ほっぺポロン♪

だけど ちょっぴり 気になるよ
横目の先も 美味しそう

僕はスイカ党 変わらないけどさ
食べてみたなら メロンもGood!

私メロン党 変わらないけどね
食べてみたなら スイカもGood!



   ※ 附曲あり
名前 返信 文字色 削除キー

夢の中で 投稿者: みらく 投稿日:2017/06/29(Thu) 19:36 No.506 

夢の中で
あなたに会えた
そんな気がするの

どんな夢か
おぼえてないけど
そんな気がするの

  だってめざめたら
  わたし泣いてた

  あなたは
  わたしを泣かせた
  たったひとりの人だから


夢の中で
あなたに会えた
そんな気がするの

ずっと名前
呼び続けていた
そんな気がするの

  だってめざめたら
  声が枯れてた

  あなたは
  わたしが愛した
  たったひとりの人だから


  だってめざめたら
  わたし泣いてた

  あなたは
  わたしを愛した
  たったひとりの人だから




※附曲済です


蜃気楼 > 最後節の3行に、詩の意味の深さを感じます・・・。 (7/1-22:59) No.508
みらく > 蜃気楼さん、ありがとうございます。最後節の3行は、投稿直前に書き直しました^-^ゞ (7/2-16:23) No.509
名前 返信 文字色 削除キー

いつまでもそばにいて 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2017/06/28(Wed) 20:17 No.503 

   あなたひとりだけよ
   ほかにはいない
   心のなやみを 話せるひとは・・
   きれいな涙で洗った 胸の中に
   ちいさな灯りを ともしてくれる
   あなた グラシアス アモール ミオ
   いつまでも いつまでも そばにいて
   
   けさも夢をみたわ
   やさしく抱かれ
   あかるい小部屋で 暮らしているの・・
   花がらフリルのエプロン なぜか似合う
   あなたと一緒に 手料理つくる
   あなた グラシアス アモール ミオ
   しあわせを しあわせを かみしめて

   涙がときどき あふれてしまうけれど
   あなたを信じて 歩いてゆくわ
   あなた グラシアス アモール ミオ
   いつまでも いつまでも そばにいて

   -------------------------------------------------
     グラシアス アモール ミオ
     Gracias, amor mio
     スペイン語 “ありがとう いとしい人よ” の意味



みらく > タンゴのリズムを思い浮かべながら拝見しました。サビの部分、ゆったりと歌い上げたらとても素敵だろうなあと思います^-^ (6/29-19:30) No.504
名前 返信 文字色 削除キー

オリーブ 投稿者: アスカ 投稿日:2017/06/16(Fri) 10:20 No.484 
乾いた大地に 根をはるオリーブ
どうしてそんなに頑張れるの?
ちょっと疲れちゃったみたい
身をまかせて 休んでしまいたい

いままで たくさん歩いてきた
そんな自分を 褒めてあげよう

オリーブの木のように 負けない強さを持ちたい
弱さのぶんだけ 強さも知っているはず


時計の針の音(ね)止まった日々から
そろそろふたたび歩きだそう
一握りの勇気もって
少しでいい あしたへ歩みたい

一回 失敗したくらいで 
嘆く私は ここで卒業

オリーブの木のように 負けない強さを持ちたい
悲しいぶんだけ 優しさも知ってるはず

オリーブの木のように 負けない強さを持ちたい
弱さのぶんだけ 強さも知っているはず


アスカ > 二番サビ、
オリーブの実のように 大きなこころを持ちたい に変更します。
(6/16-10:47)
No.485
みらく > さわやかですね*^-^* 2番の1節目にもう一回オリーブの描写がほしい気がしました。 (6/18-22:15) No.488
アスカ > おお、さわやかでしたか^^
確かにおっしゃる通りですね・・・。ううむ。
改稿せずに、タイトルを「オリーブの木」とします。 (6/20-08:15)
No.489
管理人 戸川智砂子 > 詞の中に「オリーブの木」と出てきますから、タイトルも単に「オリーブ」とするより良いですね。 (6/20-21:54) No.491
アスカ > 戸川先生、ありがとうございます。ポップス調で「オリーブ」のタイトルにこだわっていたのですが、「オリーブの木」とすることで、抒情詩の味わいも出てきて、面白いなと感じています^^ (6/21-08:21) No.492
蜃気楼 > 小豆島に、遥かイタリアのアンダルシアから、海を渡って運ばれてきた
樹齢千年といわれているオリーブの大樹がありますが、
その大樹のことでしょうか・・・。
瀬戸内海の蒼空に向かってたたずむ姿は、圧倒的な存在感ですよね・・・・・・・。
オリーブの木の 花言葉は、【平和】
二株が寄り添うことで実をつける・・・、【夫婦の木】
人生の、夫婦の・・・記念樹としても素敵なオリーブの木ですね・・・。       タイトル、【 千年樹 】と書いて 「オリーブ」というのは、強引でしょうか・・・(冷汗)
(6/22-12:02)
No.494
アスカ > 「千年樹」素敵なタイトルですね。そのスケールの大きさに私の詩がついて行っているのかどうか・・・^^;
(6/24-10:15)
No.499
蜃気楼 > 【 千年樹 】の タイトルで、違うテーマで、もう一作 書いて見られたらいかがですか? (6/24-13:16) No.500
名前 返信 文字色 削除キー

わたしはコマツ 投稿者: みらく 投稿日:2017/06/15(Thu) 12:33 No.481 

わたしはコマツ わたしはコマツ
直径5ミリの かたつむりです
わたしはコマツ どうしてコマツ
コマツ菜に くっついてたから コマツなのです

  キッチンで いきなり水を 浴びせられ
  冷たさに 思わずきゃあと 叫んだら
  アノひとは わたしに気づき 息を止め
  指先に そおっとのせて くれました

わたしはコマツ わたしはコマツ
2センチ歩くと 息切れします
わたしはコマツ どうしてコマツ
コマツ菜が 大好きだから コマツなのです

  スーパーの 野菜売り場は 寒かった
  脱走を 夢見ていつも ふるえてた
  でも今は ガラスの中で コマツ菜と
  アノひとの 愛に包まれ あたたかい

わたしはコマツ わたしはコマツ
とてもしあわせな かたつむりです
わたしはコマツ どうしてコマツ
アノひとが くれた名前が コマツなのです



アスカ > 「わたしはコマツ」のフレーズがとてもかわいいです^^ (6/16-09:42) No.482
みらく > アスカさん ありがとうございます。コマツコマツと選挙カーよろしく連呼してみました^-^; 実際に知人が飼っていたかたつむりがモデルで、ほぼ実話です。 (6/18-22:12) No.486
管理人 戸川智砂子 > コマツナにくっついていたから、“コマツ”なんて面白い名前をつけましたね。
読んでいて笑いがこみ上げてきましたよ。 
カタツムリは成長してきているのですよね? 
実際に今、都議選の真っ最中です。政党名を連呼しながら選挙カーが家の前を通っていきますよ。 (6/22-10:24)
No.493
みらく > 戸川先生、ありがとうございます。コマツは成体だったようで、5ミリより大きくならなかったそうです。名づけた知人のセンスはすばらしいと思います。 (6/22-16:06) No.495
蜃気楼 > コマツさんは、おそらく 乙女マイマイ という種類のかたつむりですね・・・。メルヘン的な雰囲気が素敵です。
(6/23-22:09)
No.497
管理人 戸川智砂子 > まあ、“乙女マイマイ”というのですか? 蜃気楼さんありがとうございます。
夢がありますね。 デンデンムシムシ かたつむり という歌がありますが、別の歌が創れますね。 (6/23-22:56)
No.498
みらく > 乙女マイマイ!! 知りませんでした。ありがとうございます。
雌雄同体であるにも拘らず詞の中では女の子にしてしまいましたが、「乙女マイマイ」だと結果オーライ??でありがたいです^o^;
実は蜃気楼さんのサイトのかたつむりを拝見してコマツのことを思い出したのです。戸川先生、そういえばかたつむりの歌って「デンデンムシムシ かたつむり」以外、知りません・・・もっとあってもよさそうですね。 (6/25-19:50)
No.501
名前 返信 文字色 削除キー

【 不埒な恋に 墜ちて候 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/06/13(Tue) 08:07 No.480  HomePage
*Get Out! Get Out! Common Sense   (常識)
Get Out! Get Out! Conscience     (良心)
Get Out! Get Out! Moral Sense    (道徳心)
Get Out! Get Out! Religion Sense   (信仰心)

掌に 乗っかるほどの 島国で
生まれた ふたり 堕天使さ
悪魔が蠢く 逢魔ヶ時に
不埒な恋に 墜ちて候
魂(こころ) ぎりぎり お前とふたり
奈落の闇が 心地良い
テンジョウテンガ ユイガドクソン

* repeat 1

地球儀の 切り傷みたく 島国で
出会った ふたり 堕天使さ
悪魔が囁く 逢瀬の岸辺
不埒な恋に 墜ちて候
命 ぎりぎり お前とふたり
奈落の風が 心地良い
シキソクゼクウ クウソクゼシキ

明日死んでも 後悔しない 
生き方を 俺はしたいだけ 

* repeat 1

ワレオモフ ユヘニ ワレアリ

* repeat 1  ・・・・・・

アスカ > 蜃気楼さん、以前はノスタルジックな作品を多く拝見していたので、若々しいエネルギーを感じましたよ〜! (6/16-09:49) No.483
みらく > 全体がラップなのでしょうか、脚韻を踏んでいない節もとてもリズミカルですね^-^ (6/18-22:14) No.487
蜃気楼 > アスカさん、ありがとうございます。気持ちだけは、10歳代から60歳代まで いろいろな世代を行き来していますから〜。
みらくさん、ありがとうございます。ラップですか、たしかに アリ ですね・・・。

(6/23-21:51)
No.496
名前 返信 文字色 削除キー

あい色の砂糖つぼ 投稿者: アスカ 投稿日:2017/06/06(Tue) 11:29 No.472 
テーブルの あい色の砂糖つぼ
傾ける あの日の砂の音
「肝心な事は何も言わない」と
閉じられた瓶 My heart

激しく 波打つ うらはらな心
あの 穏やかな海に抱かれたい

一人で泣けないのは 私の強がり
涙をみせないのは私の弱さ
あい色の砂糖つぼ
今日も 波の音は聞こえない


深すぎる あい色の砂糖つぼ
見えそうで 見えない思い出よ
日に照らされては キラキラ光って
ただまぶしくて My memory

激しく 波立つ 貴方への気持ち
あの 懐かしい海に抱かれたい

体裁 気にするのは 私の強がり
変化を怖がるのは 私の弱さ
あい色の砂糖つぼ
今日も 波の音が聞こえない


アスカ > こちらでは初投稿になります。よろしくお願い致します。 (6/6-11:39) No.473
みらく > こんにちは 子供のころ、保存容器に入ったグラニュー糖を砂に見立てて、スプーンでかきまぜて遊んでいたことを思い出しました・・・^-^; つぼの中に入っているものは砂糖だから甘いはずなのに、甘くなくてむしろ苦いような・・・・・・微妙なあじわいを感じる世界ですね (6/8-13:48) No.475
アスカ > みらくさん、コメントありがとうございます^^あい色の砂糖つぼをモチーフになんとか物語を後付けしたので、説明不足かもしれません。 (6/9-14:50) No.476
蜃気楼 > アスカさんの作品を拝見するのは何年ぶりでしょうか・・・、「一人で泣けないのは 私の強がり 涙をみせないのは 私の弱さ」「体裁 気にするのは 私の強がり 変化を怖がるのは 私の弱さ」と、素敵なフレーズですね。
ご自身がお気付きのように、少しわかりにくいところがありますね・・・、歌詞の展開 流れから、主人公の心情の時間軸が読み解きにくいのかな・・・と感じています。
(6/10-16:47)
No.478
アスカ > 蜃気楼さん、レスありがとうございます!抽象的な題材にチャレンジしたものの、ほわっとした作品にならず、ぼやっとしてしまいました^^;二番のサビは苦労したので、褒めて下さって嬉しいです。
(6/11-16:32)
No.479
名前 返信 文字色 削除キー

おでかけしよう 投稿者: 奈良市 徳田 勝行 投稿日:2017/06/04(Sun) 15:09 No.469 
   おでかけしよう

きれいにすんでる おがわのみずに
めだかがならんで およいでいるよ
せんせいいこうよ おててをつなぎ
みんなでたのしく おでかけしよう

あたたかおひさま ぽかぽかてんき
おはなにむしさん ことりもないた
せんせいおしえて しらないなまえ
みんなでたのしく おでかけしよう

あおぞらわたぐも ながめてあそぶ
おにぎりみたいね おなかがすいた
せんせいともだち おべんとたべる
みんなでたのしく おでかけしよう



かなばかりだと読み辛いので・・・!

   お出かけしよう

きれいに澄んでる 小川の水に
めだかが並んで 泳いでいるよ
先生行こうよ お手てをつなぎ
みんなで楽しく お出かけしよう

あたたかお日様 ぽかぽか天気
お花に虫さん 小鳥も鳴いた
先生教えて 知らない名前
みんなで楽しく お出かけしよう

青空わたぐも 眺めて遊ぶ
おにぎりみたいね おなかが空いた
先生ともだち お弁当食べる
みんなで楽しく お出かけしよう


奈良市 徳田 勝行 > 難しい、難しい!って言ってても進まないので、再チャレンジします。 (6/4-15:11) No.470
戸川智砂子 > 徳田さん、ありがとうございます。“ ひらがなのみ ”と“ 漢字交じり ”の詞を投稿してくださいました。 ひらがなのみですとまだ、漢字も習っていない小さいお子たちも読めますね。 漢字が入ってなくても想像力を働かせるかもしれませんね。 (6/4-22:10) No.471
名前 返信 文字色 削除キー

走れメロス (原作:太宰 治) 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2017/05/30(Tue) 17:05 No.454  HomePage
王様はほとんど病気だ
人の心を信じることができない
友だちも死刑にされるぞ
3日以内に町へもどってこなきゃ

※さあ走れ 走れメロス
 風のつばさに 飛びのって
 さあ急げ 急げメロス
 たったひとりの いもうとの
 結婚式が はじまるよ

人間のやさしさ信じて
それをみんなに伝える道をえらんだ
花嫁にさよならつげたら
野原よこぎり河をわたって行こう 

 さあ走れ 走れメロス
 沈む夕日を 追いかけて
 さあ急げ 急げメロス
 町のひろばで 人びとの
 どよめき声が きこえるよ

※リフレイン

多岐川 大介 > 戸川 智砂子さん。web への再投稿、有難うございました。この掲示板ソフトも旧くなってきて、時折エラーが発生しますね。投稿される皆さまにも申し訳ない・・・ (5/30-19:57) No.459
戸川智砂子 > 余計なことと思いましたが、コメントも入れられた折角の投稿詞です。掲示板のエラーにて消えてしまうのは勿体ないので再投稿させていただきました。 (5/30-22:37) No.463
多岐川 大介 > 太宰治は若いころ傾倒した作家です。こんど『斜陽』や『人間失格』をえらんで詞を書いてみましょうか。滅びの美学がテーマです。 (5/31-07:03) No.464
秋村泰好 > 躍動感あふれる作品ですね。曲イメージが沸き立ちます。
私は、国語の教科書に載っていた「走れメロス」で太宰治を知ったんですけど、「邪知暴虐」などというすごい言葉が世の中にはあるんだなぁと思ったものでした。
「走れメロス」を基準にして太宰作品を読み始めると、かなりショックを受けますね。
無頼派に分類される太宰治は、悪魔に魂を売ったバイオリン弾き「パガニーニ」とともに、創作する者にとっての「精神的ご先祖様」という意味を込めて、深く、深く敬愛しています。 (5/31-08:56)
No.465
戸川智砂子 > 太宰治の作品の中で最初に国語の教科書で習ったのが「富嶽百景」だったと思います。特に「富士には、月見草がよく似合う」という文が印象的だったと今でも覚えています。
それも小学校6年生の時だったと・・。「走れメロス」「人間失格」「斜陽」などはそのあとでしたね。 (5/31-10:29)
No.466
秋村泰好 > 作品の完成度という意味においては教科書掲載も当然のことですが、何度も自殺未遂を繰り返したその果てに、妻子ある身で「愛人と入水自殺」という太宰治の経歴を考えますと、当時のお堅い文部省内で、賛成派と反対派が激しいバトルを繰り広げたのではないかと推測しています。
アプレゲールを自称した人々は、教科書とは真逆に近い太宰の生きかた、そして死に様をどう感じていたのでしょうか? (5/31-12:13)
No.468
名前 返信 文字色 削除キー

浜昼顔 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/02/20(Mon) 12:25 No.304  HomePage
君と来た 琵琶湖のほとり       
波打ち寄せる 砂浜に咲く       
浜昼顔の 薄紅の花

回り道 して来たけれど        
気つけば僕の 人生の意味        
君と二人で 生きて行くこと      

幼なじみを 卒業したら        
今日からは 君の愛が 僕の勇気になる
嗚呼 浜昼顔は
故郷の海に いまも咲く花

花の褥に 寝転んだまま
空を見上げて 君に話そう
浜昼顔の 生命力[いのち]の奇跡

再会が 教えてくれた
永遠よりも 続く絆を
君と信じて 生きて行きたい

もう妹と 呼ぶこともない
今日からは 君の愛が 僕の未来になる
嗚呼 浜昼顔は
故郷の海に いまも咲く花

今日からは 君の愛が 僕の勇気になる

今日からは 君の愛が 僕の未来になる


*琵琶湖には、海辺にしか咲かないはずの浜昼顔が咲く浜辺があります。
太古の昔、琵琶湖が海だったころから今日までずっと、命をつないできた奇跡の花です

蜃気楼 > 譜曲のお申し出をいただきました。ありがとうございました。 (2/26-16:00) No.308
《 作詞どっとこむ 》戸川智砂子 > 「命をつないできた“ 奇跡の花 ”」ですか。素晴らしいですね。曲がついたとのこと
聞かせてくださいね。 (5/27-20:35)
No.444
蜃気楼 > 戸川先生、コメント ありがとうございます。
つきのさん から、素敵な メロディーはいただいたのですが、私の編曲が全然手付かずなんです・・・(冷汗)。
夏の間には完成させたいと思います。その折には、ぜひお聞きいただけたらと思っております。 (5/30-06:26)
No.452
戸川智砂子 > 楽しみにしております。 (5/30-20:54) No.461
名前 返信 文字色 削除キー

【 コンチキチン 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/05/28(Sun) 12:37 No.450  HomePage
人恋しさは 夏の朝
祇園囃子の 鐘の音
赤い金魚は 瑠璃(るり)の中
ここで何年 暮らすやら

ひとの命は 花火がひとつ
咲いて散る間の 夢のようです
コンチキチン コンチキチン
しかられた父は もういない

夕立過ぎた そのあとに
粽(ちまき)もらいに 行きましょう
赤い浴衣の 朝顔も
咲きたいのです 明日には

夢は過ぎ行く 季節のなかで
行きて帰らぬ ひとのようです
コンチキチン コンチキチン
こまらせた母も もういない

コンチキチン コンチキチン

大好きな父母は もういない

コンチキチン コンチキチン



作・編曲、歌唱は村雨希望さんです。2006年製作
皆様にお聞きいただければ幸いです。


アスカ > お久し振りです!拝聴しました。コンチキチンという楽しいリズムと歌詞のもの悲しさが合わさった味わい深い曲ですね。 (6/6-11:48) No.474
蜃気楼 > アスカさん、お聞きいただきありがとうございます。作・編曲をしていただいた村雨さんの味わい深い歌声が醸し出す、素敵な世界だと思っています。 (6/10-13:16) No.477
名前 返信 文字色 削除キー

絵本のなかに  投稿者: 砂風 一 投稿日:2017/05/23(Tue) 16:59 No.428  HomePage

絵本開いて 探すのさ
かくれんぼしている 君を
文字に沿って 進んでゆけば
ぼくの冒険が 今始まる
いろんな出会い重ねて
ワクワク ドキドキ
ときに ピンチはあるけれど
諦めたりはしない
だって 君に会いにゆくから


ページめくって 探すのさ  
魔法にかけられた 君を
馬に乗って 走ってゆけば
君を助け出すことができる
いろんな場所を巡って
ハラハラ ドキドキ
ときに 勇気を振り絞り 
逃げ出したりはしない
だって 君に会いにゆくから

秋村泰好 > 砂風様 初めまして。
これは歌メロを米Pops風の先端リズムに乗せてみたいですね。
()で囲んだ「読み指定」がないから、とても見やすいです。歌詞の内容と共に、全体の字脚構造が直でわかるので、歌メロやアレンジをイメージしやすいです。 (5/23-20:48)
No.429
砂風 一 > 秋村様 初めまして、コメントありがとうございます。
曲歌をイメージしてくださいまして、とても嬉しく思っています^^
できるだけ子どもに分かりやすく歌いやすい歌詞を心がけて作っています。
秋村さんは作曲もやられるんですね。素敵な曲歌を聴かせていただきました^^ 
これからも、どうぞよろしくお願いします。 (5/24-14:33)
No.431
秋村泰好 > 砂風様 「作曲」と「打ち込み」が本来の立ち位置なんですけど、ごく、たまに「作詞」の真似事で苦しんでいます。
新しい表現でのキッズ・ソングには、とても関心がありますので、機会がありましたら、よろしくお願いいたします。
(5/24-18:12)
No.432
砂風 一 > 秋村様 私は音楽が苦手で何もできませんが、童謡(子供向け)の詞を書くのが好きです。こちらこそ機会がありましたら、宜しくお願い致します。 (5/24-19:32) No.433
戸川智砂子 > お久しぶりですね。 絵本のなかには、ちょっと錯覚を起こしてしまいそうな世界がありますね。  そう、ぼくはつよいんだ、暗示にかけてもっとつよくなれるのだ。
読んでいて、ワクワクしてきますね。 (5/27-21:13)
No.447
砂風 一 > 戸川様 お久し振りです。子供のころは、だれでも絵本の中の世界に入り込んで、ヒーローやヒロインになってワクワクドキドキしていたのだろうと思います^^ ありがとうございました。 (5/28-08:17) No.449
名前 返信 文字色 削除キー

河原の石っころ 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2017/04/24(Mon) 09:21 No.388  HomePage
河原のころころ 石っころ
みんな無口の 石っころ
いちにちお空を 見上げていても
おなかの空かない 石っころ

河原のころころ 石っころ
まるい身体の 石っころ
小さいこどもは 身を寄せあって
くりくり顔する 石っころ

河原のころころ 石っころ
年はとらない 石っころ
日照りの夏にも 吹雪の夜にも
文句をいわない 石っころ

戸川智砂子 > 河原の石っころも自由に動きたいよと言っているかも・・。石っころどうしがお話をしたら楽しいでしょうね。 暑いよ、寒いよ、おなかが空いたよ・・なんて言ったりしてね・。 (5/27-20:58) No.446
名前 返信 文字色 削除キー

【 今宵 僕は 満月に懺悔する 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/05/25(Thu) 01:38 No.434  HomePage
ホテルの窓は 一枚の絵さ
スカイツリーに オレンジの月
どこかできみも 見てるのだろうか
この街で駆け抜けた 学生時代は
見えないものが 信じられてた
そんな日々が とてもいとおしい
All by myself 掛け間違えた
All by myself 明日のボタン
別れの言葉さえ 君から言わせてしまったね
Ah・・・今宵 僕は 満月に懺悔する 

地上に堕ちた 真夏の銀河
気づいた時が 遅すぎたのさ
君は君しか いないということ
卒業は青春の 踏み絵だったのか
傷つけ合った 長い夜さえ
同じ夢を 見てたはずなのに
All by myself 閉じてしまった
All by myself 未来の扉
こんなに愛しくて 切ない思いを抱きしめて
Ah・・・今宵 僕は 満月に懺悔する


いまでも心から 君の幸せを祈ってる
Ah・・・今宵 僕は 満月に懺悔する

名前 返信 文字色 削除キー

【 Oh…My Doughter 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/05/22(Mon) 07:26 No.426  HomePage
到着ロビーから ひとり出てきた
青い瞳の 少女よ 
君が手にしてた 古い写真は
12年前の この俺

人波の中ふたり 時が止まったようだね 
俺を見つめて かたこと交じりで
「OTOH-SAN」と 呼んでくれた 

愛しくてAh・・・切なくて 泪が溢れ 出てくる
今日からは この街が 君の ふるさとになる

君をこの俺に 託した想いを 
伝えるママからの ラスト・レター
ふたり運命に 引き裂かれたけど  
愛は続いて いたのさ 

見覚えある十字架が 胸できらめいている
君の命が 芽生えたことを 
告げずに去った ママのやさしさ

愛しくてAh・・・切なくて 両手で強く抱きしめる
明日へと 続くこの道 君は独りじゃないから

君の肩越しジャンボ機が 青い空に飛び立つ
ふたりの想い出 つなげられたら
いつか語ろう ママの人生を        (Oh・・・my daughter)

愛しくて Ah・・・切なくて 君をAh・・・愛してる
離れてた 歳月(としつき)さえも きっと取り戻せるから

愛しくて Ah・・・切なくて 君を Ah・・・愛してる
愛しくて Ah・・・切なくて 君を I love you  愛してる

I never leave you alone ・・・・・・

蜃気楼 > 2006製作です。70年代テイストです。「ジャンボ機」等、いまでは耳にしない言葉になってしまいました・・・(冷汗)。
皆様に、お聞きいただければ幸いです。 (5/22-07:29)
No.427
名前 返信 文字色 削除キー

ルンペン・ブルース 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2017/05/18(Thu) 19:54 No.417  HomePage
おれはこの街で どん底暮らし
トップ級(クラス)の 貧乏人
会社は倒産 仕事なし
年上妻にも 逃げられた
ああ たったひとつの 楽しみは
ドラッグストアの 姐(ねぇ)ちゃんの
細いあんよを チョイ拝むこと

※歌えルンペン・ブルースを
 大胆素敵なおれたちの ラララ この歌を!

けれど賢明に 考え抜いて
ここで死ぬぞと 決めたのだ
商店街が ガタガタと
シャッター閉じては 消えるから
よし 雀なみだの 年金で
つぶれたお店を 借りてやる
好きなあの娘(こ)も ほらすぐそばだ

※ リフレイン

ああ 何をしとるか 行政は
過疎のこの街 殺すのか!
おれがここから いま立ち上がる

※ リフレイン

秋村泰好 > 社会や政治に対する憤懣やるかたない思いの「演説」を歌にしたという「演歌」の原型ともいうべきスタイルでしょうか。
アレンジは、「俺は村中で一番〜」とエノケンさんが唄った「洒落男」風を思い浮かべました。昔、大流行したという「うたごえ喫茶」が復活したら、その大合唱で聴いてみたいですね。 (5/18-22:00)
No.419
多岐川 大介 > 秋村さま、今晩は。あ、「うたごえ喫茶」ご存知ですか。わたしもビンボー学生だった時代に新宿の「ともしび」とか「どん底」などへ入り浸っておりました。この歳なってもビンボー体質が抜けませんm(_ _)m (5/18-22:11) No.420
秋村泰好 > 多岐川大介様 お邪魔しております。
「うたごえ喫茶」は、故・開高健氏著の「ずばり東京」という本に、当時の様子が詳しく描写されておりまして、常々、復活したら良いのにと思っている次第です。
新宿の「ともしび」は、今でも「うたごえ喫茶」として営業しているそうですね。さすが大東京です。 (5/18-22:41)
No.422
多岐川 大介 > 秋村さまは勉強家なんですね。当時の「うたごえ喫茶」では、とくにロシア民謡が歌われていました。多くの若者たちは、壮大な大地の景観を思い描きながら、おのれの青春を歌っていたのではないでしょうか。あの歌を、もう一度聴きたい、書きたい、歌いたい・・ (5/19-09:12) No.423
蜃気楼 > 「大胆素敵」、良いフレーズです。 (5/22-06:57) No.425
名前 返信 文字色 削除キー

【 雪案山子 (ゆきかがし】 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/05/16(Tue) 06:11 No.416  HomePage
嵯峨野をひとり 旅すれば
絹をまとって 雪景色
生きてることは それだけで
かなしいものね 雪案山子
夢の続きを ねぇ 見させておくれ

秋のなごりの 柿の実が
梢でひとつ 綿帽子
うつろうことが 宿命(さだめ)なら
せつないだけね 雪案山子
昔語りを ねぇ 聞かせておくれ

夕月空に 昇るころ
杜(もり)で啼(な)くのは ジョウビタキ
生きてることは それだけで
さびしいものね 雪案山子
恋の音色を ねぇ 思い出させて


YOKOさん歌唱、作曲はつきのまひるさんです。 2007年製作
皆様に、お聞きいただければ幸いです。
名前 返信 文字色 削除キー

会長えらび 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2017/05/13(Sat) 22:28 No.410  HomePage
P(ピー) T(ティー) A(エー)の
やくいん会がもめました
 会長なんか こまるよと
 ぬうらりくらり逃げるのは
 うなぎ屋の おじさん 

それじゃあひとつ
あなたにやってもらいましょ
 いやいやわたしゃ 口べたで
米つきバッタになれないと
 お米屋の おばさん

こまったことだ
あなたはやってくれますね
 とんでもないよ このぼくは
 お偉いさんがまぶしいと
 でんき屋の にいさん

しかたがないわ
会長さんをやりますわ
 話をまるく こねながら
 みんなの世話をやいたのは
 だんご屋の ねえさん

戸川智砂子 > アハハハ 思わず吹き出しましたよ。楽しいですね。絵が浮かんで来ます。 
それというのも、私は作詞の場合など、自己流に節をつけて歌うように読んだり書いたりする癖があるものですから・・余計にです。
実際問題、PTAの役員を決めるのは大変です!  (5/13-22:54)
No.412
秋村泰好 > 拝見した瞬間から曲のアイデアが頭の中をブンブンと飛び回ります。
アニメ声の少女に鹿爪らしく歌って欲しいです。 (5/14-08:35)
No.413
蜃気楼 > 商店街のある町の 町内会の方々のキャラクターが個々 活き活きと描かれていて・・・、素敵な作品です。 (5/16-06:05) No.414
名前 返信 文字色 削除キー

【さいならあんた さいなら大阪】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/05/06(Sat) 20:07 No.406  HomePage
夜の大阪 星の海 
あんたに「ド阿呆!」 言おおもたのに
翼がじゃまして わからへん
アパートどこか わからへん
なんでやろ 泪が出てきてしもたやん
田舎もないし  東京へ行くねん
さいならあんた さいなら大阪

あんたの大阪 川の街
ヘッドホンしたら 聞こえてきてん
元気印の あの歌や
あんたのすきな あの歌や
なんでやろ 泪が止まらんようなった
友達おるし  東京へ行くねん
さいならあんた さいなら大阪

うちの大阪 夢やった
雲にかくれて もう見えへんわ
しばかれたけど 好きやった
だまされたけど 好きやった
なんでやろ 泪もぬぐってくれたやん
あんたがおらん 東京へ行くねん
さいなら あんた さいなら 大阪

「明日があるさ」 ほんまやろうか
さいならあんた さいなら大阪


作曲・歌唱:朝霞生さんです。2006年製作。
皆様に、お聞きいただければ幸いです。
名前 返信 文字色 削除キー

【南ぬ風紀行】 ぱいぬかじきこう 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/05/01(Mon) 06:32 No.401  HomePage
子午線の島 瑠璃色の海
白いパラソル 君は旅人
ふたりは生きて 風はひねもす
ガジュマルの木の 梢を揺らす
ただそれだけの ことだよね

お爺の声は さざ波の音
人生いつも 上り坂サァ
つかれたときは 泡盛飲んで
夜をみんなで あかせば良いサァ
ただそれだけで いいんだね

あんなふうに きらきらと
老いてゆきたいね
屋根のシーサー 笑うが良いサァ
僕は 君を愛してる

銀河の星が 砂になる海
麦わら帽子 僕も旅人
ふたりは去って デイゴの花は
春になるたび 花を咲かせる
ただそれだけの ことだよね

お婆の皺は 笑い皺だね
人生なんて 夢と同じサァ
哀しいときは 海人(うみんちゅ)の唄
朝が来るまで 唱えば良いサァ
ただそれだけで いいんだね

あんなふうに きらきらと
老いてゆきたいね
ゴッカローも 笑うが良いサァ
僕は 君を愛してる

あんなふうに きらきらと
老いてゆきたいね
屋根のシーサー 笑うが良いサァ
僕は 君を愛してる

あんなふうに きらきらと
生きてゆきたいね・・・・・・


【ゴッカローは、アカショウビン(水恋鳥)のことです。】


これも、西表島が舞台でした。
2006年製作です。お聞きいただければ幸いです。
名前 返信 文字色 削除キー

ニライカナイから 吹く南風(かぜ) 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/04/29(Sat) 18:15 No.396  HomePage

悲しみに 出会うと人は 本当に
旅に出るもの なのですね
月ケ浜(トゥドゥマリ)の 波打ち際に たたずんで
沈む夕日を 見ています

ニライカナイから 吹く南風(かぜ)が
あなたの笑顔 運ぶわ

ねえ おしえて パイヌカジ(南風)
昨日は戻らない 今日は行き止まり
どうして 明日を生きればいいの


あなたへの 最後の手紙 書くために
海を渡って 来たのです
星が降る マングローブの 森に月
二度と出会えぬ 愛でしょう

ニライカナイから 吹く南風が
あなたの声を 運ぶわ

ねえ おしえて パイヌカジ(南風)
心の分かれ道 どちらに行けば
泪を 止めることができるの


ねえ おしえて パイヌカジ(南風)
心の分かれ道 どちらに行けば
悲しみ 忘れられるのですか

蜃気楼 > 舞台は西表島です。ニライカナイとは、琉球諸島に伝わる海の彼方にあるという神の世界のこと、トゥドゥマリ は、神様が留まる場所という意味だそうです。
附曲していただけることになりました。ありがとうございます。 (5/1-06:24)
No.398
名前 返信 文字色 削除キー

ひとりぼっち 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2017/04/20(Thu) 15:48 No.376 
    
くもり空 一羽のきじばと
どこへ飛んでゆくんだろ
おーい そっちへ行けば海だよ
友だちなんか 見つからないのに
あー 行っちゃった

橋のした 子犬がいっぴき
なんで泣いているんだろ
おーい ひぐれの風は冷えるよ
母さん犬が さがしているのに
あー 寝ちまった

土手のみち ひとりでとぼとば
村も町もとおくなる
おーい おなかがとても空いたよ
だまって家出 しなけりゃよかった
あー 帰りたい

みらく > 1番2番はうっすら死の気配を感じてどきどきしましたが、3番でほっとしました。今から必死で走って帰れば、家出が家族にばれずにすむかもしれないですね^-^; (4/20-19:07) No.377
多岐川 大介 > みらくさん。レス有難うございます。「死の気配」とは恐ろしや・・「詩の気配」はあまりないかな? (4/20-19:51) No.378
みらく > 失礼しました。きじばと海に行ったら死んじゃう!と思ったんですが、きじばともさすがに途中で引き返しますよね 家出した子が未遂でおうちに帰るように^^; (4/20-21:10) No.381
蜃気楼 > 幼い心に自立心が芽生え始めたころに、同じような経験をした男児は少なからずおられるのではないでしょうか。私自身もそうであったように・・・。詩の気配・・・詩情を感じさせていただきましたが、それは 私が幼いころに耳にした歌で、作詩:星野哲郎先生、作曲:市川昭介先生による「長い一本道」に通ずるところのある情感のように感じました。 (4/29-18:41) No.397
名前 返信 文字色 削除キー

【 僕は 日向の猫になる 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/04/16(Sun) 18:59 No.360  HomePage

MILESを 聴きながら まどろむ 秋の一日
アポリネールを 読み終えて
君は サボテンに 霧を吹きつける
日々の暮らしの中で 欲張りな夢見なければ
人生まんざらすてた もんじゃないよ
君が 君で よかったと
そんな気がしてる 日曜日
寄り添うような ほら 愛が良いんだ
僕は 日向の猫になる

紫の ラベンダー
ポプリの 香る部屋
少し濃い目の ダージリン
僕は 苺ジャム いれて飲みほした
悩みつづけた月日は 遠い昔のことのよう
澱んでしまった魂(こころ)の カタルシス
今日が 今日で いいんだと
君がそばにいる 昼下り
寄り添うような ねぇ 愛が良いんだ
猫は 眠りに堕ちてゆく

君が 君で よかったと
そんな気がしてる 日曜日
寄り添うような そう 愛が良いんだ
僕は 日向の猫になる

僕は 日向の 猫に・な・・る・・・


みらく > 聴覚と視覚と嗅覚と味覚に贅沢をさせている、豊かな日曜日ですね^-^
(4/17-18:14)
No.364
蜃気楼 > みらくさん、コメントをいただき ありがとうございます。+日向の猫の いごこちのいい 皮膚感覚(触覚)です(汗)。 (4/18-03:30) No.366
秋村泰好 > 「日向」を、どうしても「ひゅうが」と読んでしまうんですけど、これは私が宮崎県の比較的近くに住んでいるからかもしれませんね。 (4/18-14:44) No.370
蜃気楼 > 秋村様、あ
りがとうございます。「日向」はこの詩の場合、「日なた」のほうがいいですね・・・。 (4/22-14:36)
No.384
名前 返信 文字色 削除キー

中之島で待ってる 投稿者: みらく 投稿日:2017/04/20(Thu) 12:51 No.374 

定時ちょうどに オフィスを飛び出せば
周りの視線が 背中に刺さる

こわいけどこわくない こわいけどこわくない 
もうすぐあなたに会えるから

  堂島川が 輝き始める
  大阪で一番 好きな景色

  約束は18時 8時じゃあないから
  間違えないでね 中之島で待ってる


この日のために 買ったハイヒール
少しつま先が きつすぎたかな

痛いけど痛くない 痛いけど痛くない
もうすぐあなたに会えるから

  同じチケットを 持った人たちと
  同じ方向へと 歩いてます

  約束は18時 開演は19時
  遅れてはだめよ 中之島で待ってる


  水の都が 輝き始める
  わたしもきれいに 見えるかしら
  
  約束は18時 おしゃれしてきたわよ
  ほめてちょうだいね 中之島で待ってる


  中之島で待ってる


多岐川 大介 > え、中之島? 札幌かしら、それとも長崎? でも堂島川なら大阪ですよね? もし間違えたらどうじましょう・・・ (4/20-20:09) No.380
みらく > 先生、さようなことにどうじませぬよう、お願い申し上げます^^; 大阪の中之島です。「舞台が大阪」&「タイトルにナカのついている」詞をふたつ続けて投稿させていただいたので、あともうひとつ、ナカで書けないかな・・・と考えたところ、中之島を思いつきました。どうもありがとうございました。 (4/20-21:33) No.382
名前 返信 文字色 削除キー

【 桜時雨 (さくらしぐれ) 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/04/18(Tue) 03:58 No.368  HomePage

桜の並木が 咲き誇り
胸の中 一杯になる
あなたと過ごした 年月の
色褪せぬ 思い出のせい
瀬戸内海(うみ)を隔てた 京の町
いまも あなたは暮らしてる

逢いたいな 逢いたいな もう一度
風立てば 花のさざなみ 桜時雨

あなたの愛より 最後には
故郷を 選んだわたし
失くして今頃 気づいたの
なによりも 大切なもの
哲学の道 疎水沿い
今日も あなたは歩いてる?

戻りたい 戻りたい あの頃に
少しだけ 伸びた髪にも 桜時雨

橋のたもとで 振り向けば
そこに あなたがいるようで

愛はまだ 愛はまだ 生きてるの
この思い 届けて欲しい 桜時雨

みらく > 桜時雨、きれいなことばですね。同じ散る様でも桜吹雪のようないさぎよさとはちがう雰囲気を感じます。主人公は「逢いたい」とは思っても、京の町に戻ることはないのでしょうね・・・ (4/20-13:07) No.375
名前 返信 文字色 削除キー

恋する女は花にて候 投稿者: 秋村泰好 投稿日:2017/04/13(Thu) 18:59 No.357  HomePage
「恋する女は花にて候」

作詞 多岐川大介
作曲 秋村泰好
歌唱 結月ゆかり(VOCALOID)

一月(いちがつ) いちりん 花はこべ
二月の 匂(にお)いは ヒアシンス
三月 桜が 咲くころに
忍(しの)んだ恋が 七分(しちぶ)咲き
恋する女は ええ 花にて候(そうろう)

四月の 知らせは 山つつじ
五月に 豪華(ごうか)な 紅(べに)のバラ
六月 ロマンの 昼顔が
抱きしめられて 瞳(め)をとじる
恋する女は ええ 花にて候(そうろう)

七月 しあわせ オジギ草(そう)
八月 ハッカの 花かおる
九月の 葛(くず)の葉 風吹いて
ひとりでたどる 山の宿
恋する女は ええ 花にて候(そうろう)

十月 十五夜(じゅうごや) 枯れススキ
十一月 しらじら 朝の菊
十二月 じらされ シャボテンの
とげより細い 爪(つめ)を研(と)ぐ
恋する女は ええ 花にて候(そうろう)

◇3年ほど前に多岐川先生の作品に附曲させていただいたものです。
◇お家マークからお願いいたします。

みらく > 数え歌、おもしろいです。最後がこわいですねえ・・・^-^; 曲調がほのぼの、結月ゆかりちゃんの声は無邪気、なので、なおさらこわいです。 (4/17-18:07) No.363
蜃気楼 > 結びの「恋する女は ええ 花にて候」部分が、歌詞も、メロディーも、とても印象的な作品ですね・・・。 (4/18-03:38) No.367
秋村泰好 > >みらくさん、コメントありがとうございます。
隠し持った「とげより細い爪」だけでも怖いのに、それを「研ぐ」というのですから、
まさに、女は超キケン生物ですねぇ。

>蜃気楼さん、コメント感謝です。
この歌メロは、「真っ正面」すぎるかもしれませんので、今、いろいろなバージョンを考えているんですよ。 (4/18-13:59)
No.369
名前 返信 文字色 削除キー

Clone Generation 投稿者: 秋村泰好 投稿日:2017/04/06(Thu) 10:52 No.346  HomePage
Clone Generation 〜ラピスの心配〜
詞・曲 秋村泰好
歌 蒼姫ラピス(Vocaloid)

(1)
あの子もこの子も その子もあっちの子も 
なぜか見た目が 一緒じゃない?
似たよな髪型 そっくりファッション 
ビミョー以上に 変なんだけど
気づかないのが フェイクな世代

(2)
ネコ耳付けてる 小悪魔アイドル 
おねだり上手な アヒル口
誰かがマネして みんなもやりだす
人のフリ見て 我がフリ決める 
違和感無視した 成りきり笑顔
co、co、 これって
ya、ya、やっぱり
Clone Generation

(3)
イケメン気取りで チャラーい性格
パクリのジョークは すぐ自爆
情報ソースは お笑い番組
寒いトークが 会話を止めて
賢い彼女は 黙って消えた

(4)
今カレ 今カノ 元カレ 元カノ 
どれが誰でも 一緒じゃない?
お決まりデートに ファーストフード
まるであやつり パぺットだけど
気にしないのが ダミーな世代
co、co、これって
a、a、あきらめ
Clone Generation

"Clone Generation"〈repaet〉
いのちの輝き 感じてほしいなぁ
心になにかが 足りないみたいね
すてきな生きかた 見つけて欲しいなぁ
気づいてほしいなぁ
ピュアーな心に

みらく > 秋村さん、はじめまして。聞かせていただきました。Vocaloidの声のよさが生きている作品だと思いました。蒼姫ラピスは妖精なんですね^-^ 最後の節は、ちいさなからだであちこち飛び回っているような感じがして特に楽しかったです^-^
(4/6-15:28)
No.348
秋村泰好 > みらくさん、コメントありがとうございます。
ご明察の通り、妖精ラピスが日本の若い世代を心配している、という歌なんですけど、この歌詞、若い人から嫌がられるので困っています。特に女性から。 (4/6-16:28)
No.349
蜃気楼 > 良いですね・・・。Vocaloidのラビスが主役であることが、歌っているという設定が、妙を得ていますね。 (4/8-10:14) No.352 (4/8-10:16) No.353
秋村泰好 > 蜃気楼さん、騒々しいのを聴いていただいた上に、コメントまで頂戴して感謝です。ここ数年、演歌ばかり創っていたんで、今年はポップス中心で行こうと思い、4年前の曲を引っ張り出して投稿させていただいた次第です。 (4/8-13:08) No.354
名前 返信 文字色 削除キー

【 愁恋歌 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/31(Fri) 00:12 No.344  HomePage

N わたしの愛が 少し重すぎたのかもしれないと 今思う・・・

愛がまだ少し 残ってる今のうちに
サヨナラしましょう わかれましょう
いつかどこかで 出会ったら
笑顔で 挨拶できるように

あなたと歩いた 三年の年月
二度と出会えない 愛だと思う
今日までほんとに ありがとう
あなたのことはいつまでも 忘れないから

N これからも あなたはあなたのままで生きて行ってね どうか・・・

愛が憎しみに 変わったりしないうちに
サヨナラしましょう わかれましょう
いつかどこかで 出会ったら
こうして お茶でも飲みましょう

あなたと紡いだ 沢山の思い出      
きっといつまでも 色あせないわ
明日には故郷に 帰るけど
わたしのことを時々は 思い出してね

N これからも わたしもわたしのままで生きてゆくから きっと・・・

愛がまだ少し 残ってる 今のうちに
サヨナラしましょう わかれましょう
ru・ra・ra・ra・・・・・・・
名前 返信 文字色 削除キー

【 掬星台(きくせいだい) 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/20(Mon) 07:55 No.332  HomePage

西の空は 紫水晶(アメジスト)
ふたりで 掬水台から 眺めてる
僕は いま 言葉を探してる 
最後の時間(とき)が 過ぎてゆく
星が 目覚め始めた 東の空に
赤い満月ふわりと 漂っている

君には理由(わけ)がある それは仕方のないこと
出会いの数だけ 別れもあるのさ
ただ それだけの事・・・
でも二度と 僕はここには来ないと、そう思う

下界(まち)に帰る 乗客(きゃく)を乗せ
最後の ロープ−ウェーが 降りてゆく
君は いま 言葉を失くしてる
別れの刻限(とき)が 近いから
僕が 掬(すく)い損ねた 無数の星が
街に港に海へと 明りを灯す

僕には夢もある それはまだ棄てられない
手に入れたもの 手放すだけだね
ただ それだけの事・・・
でも二度と 僕はここには来ないと、そう思う



*掬星台は神戸の摩耶山にある展望台です。 
掬星台という名前には、「星が手で掬(すく)えそうなほど身近に見える展望台」という意味があります。

蜃気楼 > 2行目(掬水台)は(掬星台)の間違いです(汗) (3/20-20:50) No.333
蜃気楼 > 附曲いただきました。ありがとうございました。 (3/30-23:59) No.342
名前 返信 文字色 削除キー

【 いま 眠りについたきみに 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/23(Thu) 13:41 No.339  HomePage

きみのねがおが いとしくて
ふたりのほほを くっつけてみる
こんどうまれて くるときも
まよわずパパの ところにおいで
パパとママなら だいじょうぶ
きっとであって またあいしあうから

きみのねいきは なみのおと
ゆめといっしょに だきしめてみる
なんかいうまれ かわっても
かならずママの こどもでいてよ
きみがさいしょに きくうたは
いつでもママの あのこもりうただよ

おとこのこでも おんなでも
きみがきみなら ただそれだけでいい
こんどうまれて くるときも
ぼくらのうちを みつけておくれ
どんなじだいや せかいでも
きみだけのパパ ママでまっているから

きみだけのパパ ママでまっているから

きみがきみなら ただそれだけでいい



蜃気楼 > 附曲予定です。
ありがとうございました。 (3/30-23:58)
No.341
名前 返信 文字色 削除キー

【 明日、帰るから 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/25(Sat) 08:13 No.340  HomePage

N「たまには帰っておいでよと あなたの声が ちいさかったから
明日帰るわ ねぇ かあさん」

あのひと追って 街を出た
十九の夜を 覚えてる
私をぶった その後で
かあさんのほうが 泣いていたよね

N「駅のホームであなたがくれた わたし名義の 貯金通帳
一番の宝物ものです ねぇ かあさん」

やさしさいつも ありがとう
いくつに なっても
わたしは あなたの 娘です

N「今年は雪が多いぞと なんだか声が 遠くに聞こえて
淋しくなったわ ねぇ とうさん」

「馬鹿な娘は ほっとけ」と
煙草をぷかり くゆらせて
背中を向けた とうさんの
大きな肩が 震えていたよね

N「『いつでも帰って 来ればいいから』 ある日届いた 一行手紙
ずっとこころの支えです ねぇ とうさん」

許してくれて ありがとう
離れて いるけど
わたしは あなたの 娘です

見守ってくれて ありがとう
身に沁む 恩です
わたしは ふたりの 娘です

N「ねぇ おとうさん おかあさん 明日 帰るから
五年ぶりの里帰り  あの人連れて 帰ります
そしてもうひとつ もうひとつ 伝えたいことがあります
ふたりが わたしの ふるさとだから・・・
名前 返信 文字色 削除キー

【 Hey, Mr. Old Man 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/22(Wed) 08:00 No.336  HomePage
【 Hey, Mr. Old Man 〜 A.D.2017(twenty-seventeen) 】

Hey, Mr. Old Man 街角の吟遊詩人(ジャングラー)
いまでも夢は ギターケースに あるのかい?
少しずれた チューニングのまま
「風に吹かれて」を 歌っている
土曜の夜の 青春たちが あんたの前を
立ち止まることもなしに 通り過ぎてゆく

Hey, Mr. Old Man 時代は おしゃべりに
Hey, Mr. Old Man 言葉は やせちまったね・・・Ah・・・

A.D.2017 俺たちの歌う 歌がない
魂を震わせる メロディーが欲しいね
A.D.2017 俺たちの歌う 歌がない
魂を揺さぶる 歌詩(ことのは)が欲しいね

Hey Mr. Old Man 街角の吟遊詩人
答えはいまも 見つけられない まんまかい?
終わりのない 巡礼歌みたいに
「風に吹かれて」を 歌っている
20世紀を 生き延びてきた 俺たちみんな
果たせなかった約束が 胸に溢れてる

Hey, Mr. Old Man 世間は 薄っぺらな
Hey, Mr. Old Man 時代に なっちまったね・・・Ah・・・

A.D.2017 俺たちの歌う歌がない
魂を震わせる リズムが欲しいね
A.D.2017 俺たちの歌う歌がない
魂を揺さぶる 歌声が欲しいね


Hey, Mr. Old Man 風さえ いつか途絶えて
Hey, Mr. Old Man 俺たち 何処へ行くのか・・・Ah・・・
A.D.2017 俺たちの歌う歌がない
Fu・・・fu・・・
A.D.2017 俺たちの歌う歌がない
Fu・・・fu・・・

Hey, Mr. Old Man ・・・・・・

蜃気楼 > 【 A.D.2017 】は、【 21世紀 】になるかもしれません。 (3/22-08:06) No.337
名前 返信 文字色 削除キー

【 南の島の 夢時間 】  投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/17(Fri) 15:31 No.325  HomePage

ある朝届いた 絵葉書
竹富島の 写真ね
メールじゃないのが あなたらしいわ
西桟橋に あなたの影が 映ってる
真夜中に バスローブのまま寝転んで
真夏の星座 ふたりじめしたよね

南の島の 夢時間
なつかしい なつかしい 息が苦しくなるほど
AH・・・なのに何故? 写真だけの絵葉書
あなただけが あなただけが そこにいる

あれから 一年たったのですね
携帯のほら 写真よ
おんなじ場所に わたしもいたの
西桟橋に ふたりの影が 映ってる
就職が 決まったお祝い旅行だと
あなたが連れて 行ってくれた島よね

南の島の 夢時間
もう二度と もう二度と 取り戻せないものなの?
AH・・・それは何故? 写真だけの絵葉書
わたしだけが わたしだけが ここにいる

蜃気楼 > 改稿しました(汗)」

【 南の島の 夢時間 】

いまさっき届いた フォトレター
竹富島の 写真ね
メッセージがないョ あなたらしいわ
西桟橋に あなたの影が 映ってる
真夜中に バスローブのまま寝転んで
真夏の星座ふたりじめ したよね

南の島の 夢時間
なつかしいなぁ 息が苦しくなるほど
AH・・・なのに何故? ターコイズ色の海と空
あなただけが いまでもそこにいるの

あれから二年が 過ぎたのね
三線(さんしん)の音が 聞こえる
赤い屋根のシーサー 古い家並み
サンゴの石垣 ふたりの影が 映ってた
就職が 決まったお祝い旅行だと
あなたが連れて行ってくれた 秋の日

南の島の 夢時間
もう一度とねぇ やりなおせないのかな
AH・・・なごみの塔 コンマで終わったあの日の別れ
シナリオの 続きがあっていいよね

南の島の 夢時間
あなたの想い きっと同じだと思う
AH・・・南風(ぱいぬかじ) ニライカナイの風が呼んでる
 飛んで行こうか あなたのいる島へと
(3/19-07:35)
No.328
秋村泰好 > 多彩なテーマに果敢なチャレンジされている蜃気楼さんの創作姿勢に共感を覚えます。
沖縄は行ったことがないのですが、亜熱帯の風土は歌にしたい要素がたくさんありますね。 (3/19-11:54)
No.329
蜃気楼 > 秋村様、レス ありがとうございます。この10年、断筆していたので・・・、今は楽しみながら書いています。沖縄の島々、大好きです。竹富島に行ったのは2年前ですが、西桟橋に寝転んで星空を眺めていた・・・、そこだけが実体験です・・・汗。 (3/19-14:01) No.330
蜃気楼 > 「就職が 決まったお祝い旅行だと
あなたが連れて行ってくれた 秋の日」を、「カイジ浜 小瓶に詰めた星の砂
棄てずにいまも持ってるわ メモリー」に改稿いたします。
(3/19-22:38)
No.331
名前 返信 文字色 削除キー

ふわふわり 投稿者: みーま 投稿日:2017/03/16(Thu) 22:03 No.323 
たんぽぽ咲いてる ふわふわり
風に揺られて ふわふわり
き色が ふわり かわいい春だよ

三かくヨットが ふわふわり
海に揺られて ふわふわり
青いほ ふわり 乗りたい夏だよ

公園もみじが ふわふわり
風に吹かれて ふわふわり
まっ赤が ふわり きれいな秋だよ

わたゆき空から ふわふわり
出した手のひら ふわふわり
まっ白 ふわり つめたい冬だよ



  ※ 附曲あり
名前 返信 文字色 削除キー

【 和倉 ふたたびの 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/16(Thu) 10:42 No.322  HomePage

【女】能登の回廊 和倉湯の町
【男】願い届いた 再会(めぐりあい)
【女】すべていまなら 受けとめられる
【男】酒をかわせば 夢がえり
ふるさとの 灯りみたいな
嗚呼、おまえ (【女】愛しくて【男】恋しくて)
もう二度と 放さないから

【男】白い湯煙 思い出の宿
【女】あの日別れた ふたりです
【男】海の出湯に 身を預ければ
【女】胸の傷さへ 癒えてゆく
燈台の 灯りみたいな
嗚呼、あなた (【男】愛しくて【女】恋しくて)
もうけして 迷わないから

【女】星の海には 三日月の舟
【男】きっと明日は 東の風(あえのかぜ)
【女】指をからめて 心かさねて
【男】紅い絹糸 綴れ織り
【男女】見つめあう まるで漁り火
【男女】嗚呼、ふたり (愛しくて 恋しくて)
【男女】ふたたびの ふたたびの愛


*皆様に お聞きいただければ幸いです。
名前 返信 文字色 削除キー

あの日のShow What!(昭和!) 投稿者: 秋村泰好 投稿日:2017/03/13(Mon) 14:58 No.317  HomePage
◇確か小泉内閣のころに創った「昭和」「バブル」を懐かしむ歌です。
 音質劣化で歌が聞こえづらいのはご容赦ください。
「三食昼寝付き」「エコノミック・アニマル」「企業戦士」などは、すでに死語の世界、今の若い方には何のことだかわからないんでしょうね。

詞・曲:秋村泰好 

(1)
街を歩くと視線を感じ 聞こえる言葉は「いい女」
アフター5はお洒落なデート 輝く若さで生きてた
今じゃ私に声かける人 ティッシュ配りか物売りか
なんだか空しい毎日だから 想い出すのよ あの頃
(2)
素敵なフィアンセ ディベロッパー みんながうらやむ玉の輿
すべてが一流 リッチな日々に まるで私はシンデレラ
ところが平成 バブルがはじけ バラ色人生吹き飛んだ
セレブな暮らしは遠くにかすみ 三食昼寝もマボロシ

Show What! Show What! 想い出あざやかよみがえる
Show What! Show What! あの日が続いて欲しかった

(3)
男が未来を語るとき 女はほほえみ浮かべてた
夢を追う人みんなで支え 正直者を愛した
今じゃ人情絶滅モード 不景気犯罪花盛り
行列できてるその先見れば 塀の向こうの刑務所(ぺっそう)

(4)
経済大国クールな響きね ちょっと昔の物語
勝って兜の緒を締め忘れ ヨロイを外した夢の跡
エコノミックのアニマルだとか 企業戦士は今いずこ
それでも私は信じています ジャパン・アズ・ナンバー1

Show What! Show What! 全てがいいわけないけれど
Show What! Show What! 夢とか希望があったよね

Show What! Show What! 想い出あざやかよみがえる
Show What! Show What! あの日が続いて欲しかった

蜃気楼 > 初めまして。拝聴させていただきました。昭和の、20世紀末の、香り・テイストに満ち溢れた素敵な作品ですね。 (3/14-10:35) No.318
秋村泰好 > 初めまして。コメントありがとうございます。
蜃気楼様のHP、拝見させていただきました。10年ぶりに創作を再開されたそうで、今後、どういう新作が登場するのか、楽しみにしております。 (3/14-13:43)
No.319
名前 返信 文字色 削除キー

道守の歌〜帰れ高野山(こうや)へ 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/10(Fri) 10:35 No.314  HomePage
明日に迷える 君の魂(こころ)よ
その身一つで 帰れ高野山へ・・・

秋の日の 風さえ染まる 茜空
父はいまなお 町石の道
真言の 祈りの果てに 鐘の音
高野山(こうや)に響く 今も昔も

遥か東京(みやこ)で すでに幾歳(いくとせ)
便り途絶えて 君は帰らず

寄る辺ない 大河のごとき 時の川
辿る諸人(もろびと) 巡礼の道
天海の 無数の星に 抱(いだ)かれて
変わらぬものが 息づける九度山(さと)

明日に迷える 君の魂(こころ)よ
その身一つで 帰れ高野山へ

帰れ高野山へ・・・・・・
名前 返信 文字色 削除キー

名残空蝉   なごりうつせみ 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/07(Tue) 17:34 No.313  HomePage
ぼくたちの 暮らしは昔 紫野
紙屋川沿い 石段の上 
機織る音が 路地にこぼれる
春夏秋冬 休むことなく
新しい 苗字も知らぬ あのひとの
面影浮かぶ 京の秋
別れの理由も 思い出せない
時は流れて 名残空蝉 
  
夕べには 日の矢射す窓 簾越し
甍の海に 浮かぶ大の字    
土蔵造りの 二階の部屋で   
春夏秋冬 いくつ数えた    
故郷の 城下で暮らす あのひとの 
幸せ願う 京の秋        
歌に託せど 届きはしない    
時は流れて 名残空蝉  


***作・編曲、歌 は saiさんです。お聞きいただければ幸いです。  
名前 返信 文字色 削除キー

分水嶺 (ぶんすいれい) 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/03(Fri) 09:03 No.311  HomePage
色は紫 有明の
比叡山(ひえい)に架かる 羅紗(うすごろも)
名を別ち 道別(わか)ち
いま人生の 分水嶺

君よその 熱き魂(こころ)を 忘れたまふな
人は皆 夢を得んとや 生まれけり

月をかざした 愛宕山
雪をとどめて 絹羽織
身を別ち 明日別ち
流れる川は 生命(いのち)なり

君よその 熱き泪を 忘れたまふな
人は皆 夢を得んとや 生まれけり

名を別ち 道別(わか)ち
いま人生の 分水嶺

君よその 熱き魂(こころ)を 忘れたまふな
人は皆 夢を得んとや 生まれけり

夢を得んとや 生まれけり
名前 返信 文字色 削除キー

珈琲一杯のひるさがり 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/03/01(Wed) 16:08 No.310  HomePage
今日から酒も 煙草もよすわ
エプロン似合う 女になるの
何処にもよくある 幸せなのに
どうしてこんなに 遠かった

嗚呼・・・幸せって こういうことね
あなたにメール したいよな
珈琲一杯の ひるさがり

十年ぶりの 清水寺で
あなたに偶然 出遭った日
人生だれでも やり直せると
涙をぬぐって くれたひと

嗚呼・・・幸せって こういうことね
鴨川沿いの この部屋で
あなたの帰りを 待つ暮らし

物干し竿の ペアのトレーナー
からかうように 風が揺らすわ
世間を恨んで 生きてた昨日
自分のせいだと 気づいたの

嗚呼・・・幸せって こういうことね
今夜のメニュー 何にしよ
珈琲一杯の ひるさがり

嗚呼・・・幸せって こういうことね
あなたにメール したいよな
珈琲一杯の ひるさがり


附曲済  作・編曲,歌:村雨希望 様 
お聞きいただければ幸いです。
名前 返信 文字色 削除キー

シャガールの夜空 投稿者: 秋村泰好 投稿日:2017/02/06(Mon) 20:43 No.294  HomePage
作詞 萩原たかし 
作曲 秋村泰好(季節風)
歌唱 初音ミク

牧場の月が 眠るころ
恋人たちが 夢を見る
笛吹きピエロの 妖しいピッコロに
誘われ密かに まだ見ぬ国へ
あなたといっしょに 飛んで行く

愛する人に ランララララ
花束あげよう ランララララ
わたしの翼 抱きしめて
ああー シャガールの夜空


梢の月が 沈むころ
一番鶏(どり)が 目を覚ます
サーカス曲馬の 仔馬の背なに乗り
銀河の向こうの まだ見ぬ国へ
あなたとはるばる 飛んで行く

恋する人よ ランララララ
星座の弓で ランララララ
わたしのハート 撃ち抜いて
ああー シャガールの夜空


◇本格演歌から不思議系まで自由自在、北海道在住のベテラン作詞家・萩原たかしさんとの初コラボ曲です。
◇お家マークからお願いいたします。
名前 返信 文字色 削除キー

序章<はじまり> 投稿者: 北風白春 投稿日:2017/01/29(Sun) 16:49 No.285  HomePage
はじめてまして。皆様方の詞を見ていたら、
自分も無性に出したくなりました。
歴史好きが三国志をテーマにした歌詞です。

    序章(はじまり)

はるか海を見下ろす 丘の上に立てば

沖を渡る帆船に 想いを乗せてみる

いつか風の流れる 草に寝ころべば

花も風にそよいで 蝶と戯れる
 
 雲は空を行き交い 姿かたちを変えて
 
 遠い故郷の日々を思い出させる

歩む足は重たく 辿る道は長く

くじけそうな思いを 今は誰に語らん



はるか空に瞬く 星の行方追えば

こぼれ落ちる光に 願い込めてみる

やがて時は巡りて 人と人が出会う

雨が土に染み込み 田畑潤すごとく

時代(とき)は人を求めて 人は明日を

夢見て たゆとう河の流れに その身委ねる

 抱く夢は大きく こころざしは高く

 あふる熱き思いを 今君と語らん


戸川智砂子 > ようこそ! 投稿ありがとうございます。歴史が好きとのこと。スケールの大きな三国志をテーマにされましたね。 “ 序章< はじまり >”とされていますから、次の作詞が
投稿されるのを楽しみにしています。 (2/5-11:21)
No.290
北風白春 > 戸川先生、感想頂きありがとうございます。この歌詞は、劉備と孔明の出合いを、一番は鼻歌まじりにスムーズに曲と一緒に出来ましたが、二番は、一番の詞の流れを受けて、字数、起承転結など、七転八倒の悩みの末に長い月日かかってしまいました。(鉛筆と消しゴムのあとがくっきり?)
先生の励ましを頂いて、また次の歌詞作りに悩み抜きたいと思います (2/5-13:54)
No.292
名前 返信 文字色 削除キー

ASIA独り旅 投稿者: 秋村泰好 投稿日:2017/01/25(Wed) 11:25 No.278 
(1)
消えずに残った夢ひとつ
小さなバッグに放り込み
LCCでの独り旅

その日の午後には異国の街
不安おさえて歩きだす
強い日ざしにとまどいながら

アジアの旅が始まる街
カオサン・ロードの安宿は
一泊5ドルのパラダイス

きしむベッドにベニア壁
むなしく揺れてる扇風機
一度は風邪ひく水シャワー

亜熱帯模様のたそがれに
出会った仲間が集まれば
地球めぐりの旅じまん
南船北馬の夜が更ける


(2)
ノラ牛群れてるインドの道は
人も車も進めない
「神の使い」は困りもの

バスの車掌がしびれを切らし
怒鳴って殴って蹴とばして
「神の使い」を追い散らす

悟りはいいぞと呟きながら
怪しい煙を吸っている 
虚ろな目をした旅人ひとり
祖国は捨てたと言ってるけれど
ほんとは自分を捨てている
アジアの旅の迷い道

亜熱帯模様の空の下
儚い命がもつれ合う
独りで進めと天の声
サイの角のように(=ブッダの言葉)


(3)
クマリの館に鳩が舞い
シェルパの歌が聞こえる
遙か彼方にチョモ・ルンマ

サドゥの厳しいまなざしが
遠い未来を見つめてる
歴史を飲んで大河は海へ

夕日が落ちた南の島
クルスの星(=南十字星)が輝いて
ケンタウルスを支えてる

ひろったヤシの実 海に投げ
日本に届けとつぶやいた
時には虚しい独り旅

亜熱帯模様の夜の海
漁り火慕って風が舞う
頭上の銀河に手を伸ばし
旅を導く星探す

戸川智砂子 > 地図を片手の調べ物なんていうと格好いいですがインターネット検索を利用しました。 日本から外にでたことがない私ですが、情景は浮かんで来ますね。秋村さまのお陰で
知らない言葉も知ることができたというのは感謝です。何事も勉強ですね(^o^) (1/28-20:18)
No.284
秋村泰好 > 戸川先生、コメントありがとうございます。
当方、現在、タイ滞在中なんですけど、あと2ヶ月、滞在を延ばすため、マレーシアのペナン島へ「タイのビザ取り」に行ってきました。
若い頃の東南アジア漂泊を思い出し、全行程陸路、バスと寝台車を乗り継いでの国境越え、6泊7日の強行軍で、今日、タイに戻りました。
考えたら、20年前でもきつかった陸路移動……もう、出来ませんね。
プチ・虫の息です。 (2/3-20:25)
No.289
戸川智砂子 > 今、旅の途中なのですね。若いころと同じように行動するというのは大変ですね。
しかもバスと寝台車を乗り継いで6泊7日はきついことですね。テレビの旅番組の
秘境に行くというような感じでしょうか? 2ヶ月後の帰国には桜の花満開となる
のでしょうね。どうそ、良き旅をされますように・・。 (2/5-11:44)
No.291
名前 返信 文字色 削除キー

リッタンのお散歩 投稿者: 秋村泰好 投稿日:2017/01/17(Tue) 11:37 No.269 
お日さまにっこり お散歩日和
リッタンと一緒に出かけましょ
おしゃべり雀は「チュン、チュン、チュン」
ねぼすけネコちゃん「ねむいニャー」
お外のともだち楽しいね
お散歩大好き リッタン


青空すっきり お散歩日和
リッタンと一緒に歌いましょ
いそがしハトさん、クールクク
子犬がグルグル、目が回る
呼んだら尻尾をふりました。
お散歩大好き リッタン


戸川智砂子 > お散歩大好きリッタンは、ワンコちゃんですね。
想像しているだけで楽しくなってきます。思わず、リッタン!と声をかけたく
なります。呼んだら走ってきてくれるでしょうか?
(1/24-22:06)
No.275
秋村泰好 > 戸川先生、コメント恐縮です。
リッタンなんですけど、実は知り合いのお孫さんで、北海道に住む4才ぐらいの女の子なんです。2才の時に最初のリッタン・ソングをプレゼントして、これはその第二弾用でして、今から附曲する予定なんですよ。 (1/25-11:12)
No.277
戸川智砂子 > あー、失敗ですね(゜o゜;;  リッタン、ゴメンね。 
今、私は童謡“ あわて床屋 ”のカニの心境です・・。
曲がついたら是非、聴かせてくださいませ。 (1/27-22:18)
No.283
名前 返信 文字色 削除キー

子猫さま 投稿者: ノブ コウキ 投稿日:2017/01/24(Tue) 17:57 No.270 
我が家に可愛い 春が来た
とっても可愛い 小さな子猫
家に帰れば 子猫が踊る
ニャーニャー ミャーミャー
子猫が踊る
早く遊んで 早く遊んで
ピョンピョン ピョンピョン
子猫が跳ねる
ピョンピョン ピョンピョン
子猫が跳ねる

我が家の猫さま 子猫さま
君が来てから みんなが笑う
いつもドンチャカ 大騒ぎ
いつもドンチャカ 大騒ぎ


我が家にいつでも 春がいる
とっても可愛い 小さな君が
いつも無邪気で 可愛い姿
ニャーニャー ミャーミャー
子猫が踊る
もっと遊んで もっと遊んで
ピョンピョン ピョンピョン
子猫が跳ねる
ピョンピョン ピョンピョン
子猫が跳ねる

我が家の猫さま 子猫さま
君がみんなに 幸せくれる
だけどドンチャカ 大騒ぎ
ドンチャカドンチャカ 大騒ぎ

ニャーニャー ミャーミャー
ピョンピョン ピョンピョン
ニャーニャー ミャーミャー
ピョンピョン ピョンピョン

ノブ コウキ > 訂正です&#10071; 14行目「ドンチャカドンチャカ 大騒ぎ」の間違いです。失礼しました。 (1/24-18:17) No.271
戸川智砂子 > まさに子猫さまですね。側にいるだけで倖せを感じるのではないでしょうか。
(1/24-22:24)
No.276
秋村泰好 > 初めまして。
ちっちゃい子向け「キッズ・ソング」として、楽しさ満点、子供たちが歌に合わせて踊っているのが見えてきます。 (1/25-13:00)
No.280
ノブ コウキ > 戸川先生、コメントありがとうございます。童謡を初めて書いて見ましたが、こんな感じでも大丈夫なのでしょうか?また今後も投稿させて頂きますので、宜しくお願い致します。

秋村さま、嬉しいコメントありがとうございます。演歌系含めて、まだ初心者の素人ですが、気がついた事が有れば、今後もご指導頂ければ有り難く思います。どうぞよろしくお願い致します。 (1/25-22:19)
No.281
名前 返信 文字色 削除キー

時計 投稿者: 詩人 投稿日:2017/01/08(Sun) 23:17 No.259 
何時も同じリズムで時を刻んで来た。
あの音を忘れる事は出来ないだろう
物心ついた頃から気付けばそばにあり
私の事を見守っていてくれてたのかな


限られた時の中で人は出会いと別れを
繰り返し大人になって行くのだろうか
きっと、アナタには帰る場所があって
温かい温もりをくれる人達が居るから



大人になる事が夢を忘れることならば
私はずっと子供のまま居たいと願う。
大切な人とのサヨナラは避けられない
だからその時はせめて笑顔で有難う。

限られた時の中で人は出会いと別れを
繰り返し大人になって行くのだろうか
きっと、アナタには帰る場所があって
温かい温もりをくれる人達が居るから


時計の針は決して戻りはしないから
今、この時を生きる中で大切な人々は
アナタと繋がり存在している尊い命は
ずっと見守って側にいる時計と一緒に

戸川智砂子 > 普段、あまり気にかけることのないのが時計ですよね。4行目の「私の事を見守って
くれてたのかな」というフレーズ、「時計の針は決して戻りはしないから」のフレーズ
も時を刻む時計のありがたさが出ている感じですね。 (1/24-21:45)
No.273
名前 返信 文字色 削除キー

土混じりの雪ダルマ 投稿者: みーま 投稿日:2016/12/29(Thu) 16:36 No.253 
目覚ましの ママの声
雪が少し 積もってるよ

Ah 丸くお庭に 作ったよ
ちょっぴり 土混じり雪ダルマ
(セリフ:見て見て ハイ 出来上がり 
           あんまり白くないけどね)


気になる子 なんでかな?
いつの間にか 探してるよ

Ah ハッとして目を 逸らしたよ
どうして 見てるの?とにらまれた
(セリフ:ドキドキって なんだろう... 胸の真ん中
    キュンとする...淋しいのかなぁ...悲しいのかなぁ...)


そういえば 忘れてた
雪ダルマは まだいるかな?

Ah 影も形も なかったよ (溶けちゃった...)
なんだか キレイには行かないなぁ...
(セリフ:あぁなんだろう...淋しいのかなぁ...
        悲しいのかなぁ...へんてこで不思議な気分...)
    (雪、またふらないかなぁ...ママァ、おやつまだぁー)



    ※ 附曲あり

戸川智砂子 > 雪ダルマも大変なのね。たくさん降ったときならまっしろな雪ダルマ。土混じりだからきっと淋しくて、悲しかったのね。絵が浮かんできますね。 (1/6-15:34) No.257
名前 返信 文字色 削除キー

やきいもさん 投稿者: カリントウ 投稿日:2016/12/27(Tue) 16:28 No.252 
こんにちは やきいもさん
きょうはとてもさむいので
あなたのあったかさ
わけてくださいね

かじかむてで
ほくほくやきいも
ぱっとひろがる
あたたかなあまみ

やきいもさん
ありがとう
ありがとう
やきいもさん

こんにちは やきいもさん
きょうはとてもつらいので
あなたのあったかさ
わけてくださいね

ないてない
わたしないてない
あははほんとに
やきいもおいしい

やきいもさん
ありがとう
ありがとう
やきいもさん


戸川智砂子 > ウフフ、ホントですね。やきいもさんと優しく声をかけたら、返事してくれそうですね。そして、あまくあまくなって身体もこころも温めてくれそうですね。 カリントウさんのやきいもさん。 うんとあまくなってるわね。 (1/6-15:30) No.256
名前 返信 文字色 削除キー

夢のしっぽ 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2016/12/25(Sun) 19:16 No.251  HomePage
夢のしっぽを つかまえた
しろい夜明けの はじまりの
ふわふわベッドの 枕もと
夢のしっぽは なな色の
リボンをつけて おどっていたよ

夢のしっぽを たぐったら
からだや首が 見えてきて
ふしぎなけものが あらわれた
なにを食べたか 知らないが
やさしい顔が わらっていたよ

夢もけものも きえてゆく
まどに朝日が さしこんで
めざまし時計の なる時間
ちょっと楽しい お話の
ふんいきだけが のこっていたよ

戸川智砂子 > 夢のしっぽは誰でもつかまえることが出来るのですよね。ほうら、あなたのこころの中にも入ってきたわよ。 (1/6-15:26) No.255
名前 返信 文字色 削除キー

きって と おてがみ  投稿者: 砂風 一 投稿日:2016/12/23(Fri) 20:22 No.248  HomePage

おてがみ だすなら ついてくわ
かならず わすれず はってよね
きっても きれない えんだから
あーかい ポストは てれやさん
てわたす おてがみ たべちゃった

はいたつ するなら けしいんを
かならず わすれず おしてよね
きっても きれない えんだから
とどけに くるのは ポストマン
だいじな おてがみ くばります

おてがみ きっても ついてくる
かならず わすれず はってるね
きっても きれない えんだから
おうちの ポストに やってきた
もらった おてがみ うれしいな

戸川智砂子 > 年賀状をいただいた方、ハガキに年賀切手を貼られた方、いただいたらうれしいですね。そう、消印を押さないとダメね。 きってもきれないえんだから なんて本当にうれしいですね。 (1/6-15:13) No.254
名前 返信 文字色 削除キー

磯の松原 投稿者: みやさき 真純 投稿日:2016/12/06(Tue) 04:09 No.204 
磯の松原 夕焼けトンボ
赤い帽子の 地蔵さま

風はいなさか 沖からござる
漁り小舟も 戻るころ

カラス鳴く鳴く 顔逸(かおす)の野辺で
みんなお山に 帰ります

磯の松原 もう日が暮れる
ひとり寂しい 地蔵さま


戸川智砂子 > ひとりは寂しいですね。でもね、お地蔵さま、見守ってくれてありがとう! みんなが感謝ですね。 (12/9-22:27) No.211
みやさき 真純 > 戸川先生わざわざコメント有難うございます。また時々帰って来ますね。 (12/11-04:13) No.225
名前 返信 文字色 削除キー

パンダのしっぽ 投稿者: みーま 投稿日:2016/11/15(Tue) 21:52 No.195 
パンダの おみみは くろ くろ
パンダの おめめは くろ くろ
パンダの しっぽは くろ かな?
ちがうよ!
パンダのしっぽは しろ しろ

パンダの おてては くろ くろ
パンダの あんよは くろ くろ
パンダの しっぽは くろ かな?
ばってん!
パンダの しっぽは しろ しろ

パンダの しっぽは しろ しろ

砂風 一 > パンダのしっぽのことは気にしなかったですね^^。 しっぽあったかな…?なんて考えました。黒だと思いがちですが白なんですね^^。 (12/4-16:44) No.202
みーま > 知らないうちに10回も呼んでましたね〜(笑)キョトウさんも、お元気そうで何よりでございます。コメント有難うございました〜〜♪
(12/9-22:36)
No.213
みーま > そうなんですよぅ〜パンダの尻尾は白いんですよね〜一さん、コメント有難うございました〜〜♪
(12/9-22:37)
No.214
名前 返信 文字色 削除キー

ことばのれっしゃ 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2016/12/09(Fri) 15:25 No.209 
ことばのれっしゃを はしらせろ
あいうえおやまを かきくけこえて
さしすせそらまで はしらせろ
ポッポ ピーポー ピー!

ことばのれっしゃは にぎやかだ
たちつてともだち なにぬねのせて
はひふへほんとに にぎやかだ
ポッポ ピーポー ピー!

ことばのれっしゃを とめるんだ
まみむめもうすぐ やいゆえよるさ
らりるれろくじにゃ とめるんだ
ポッポ ピーポー ピー!

ことばのれっしゃが ないてるぞ
“わ”のじと“ん”のじが のりそこね
みんなで“わんわん” ないてるぞ
ポッポ ピーポー ピー!

戸川智砂子 > みなさ〜ん、聞こえましたか? ポッポ ピーポー 汽笛を聞きましたか?
「ことばのれっしゃ」は楽しいですね。 一緒に乗って歌いましょう。 (12/9-22:33)
No.212
名前 返信 文字色 削除キー

鬼ごっこ  投稿者: 砂風 一 投稿日:2016/11/11(Fri) 19:05 No.188  HomePage

もういいかい まだだよ
鬼のこども 鬼のこども
青い お空の下で 
元気に はしゃいで 遊んだら
青鬼に なりました
鬼さん こちら 手のなるほうへ
もういいかい もういいよ


もういいかい まだだよ
鬼のこども 鬼のこども
赤い 夕日の下で
仲良く 歌って 踊ったら
赤鬼に なりました
鬼さん こちら 手のなるほうへ
もういいかい もういいよ

戸川智砂子 > かわいいですね。こういう鬼ならこわくないですね。 (11/12-20:19) No.192
砂風 一 > 子どもは外で、はしゃいでる姿がよく似合うと思うんですよ^^。
ありがとうございました。 (11/13-19:09)
No.194
クロイ キョトウ > 砂風さんの詞に再会できました。
ありがたいことです。 (12/4-01:27)
No.200
砂風 一 > クロイ キョトウさんに再会できて、私もうれしいです^^ ここは慣れ親しんだホームグランドのように感じています。 ありがとうございました。 (12/4-16:37) No.201
名前 返信 文字色 削除キー

ぼくらは忍者 投稿者: 徳田 勝行 投稿日:2016/11/04(Fri) 20:00 No.173 
「ぼくらは忍者」

にんにん忍者に なりたいな
真面目に習って なりたいな
いじめをなくして 遊ぼうね
みんなが仲良し お友達
優しい心の ぼくらは忍者

にんにん忍者に なれるよね
修行もいっぱい なれるよね
まもってあげるよ 女の子
約束したから 母さんと
正義の使いだ ぼくらは忍者

にんにん忍者に なれるんだ
勉強したから なれるんだ
守ってあげるね おとしより
正しい世の中 つくろうね
世界に役立つ ぼくらは忍者

徳田 勝行 > ご無沙汰しております。 メール拝見いたし懐かしく顔出しさせていただきました。
この「ぼくらは忍者」は幸いにメロを付けていただいております。 早く皆様のお耳に届けたいと努力中であります! 徳田 拝 (11/4-20:03)
No.174
戸川智砂子 > お久しぶりです。今こそ、にんにん忍者がほしいですね。 (11/4-20:22) No.177
徳田 勝行 > 戸川先生、ありがとうございます!
童謡・唱歌はホント難しいです。 (11/28-21:42)
No.197
名前 返信 文字色 削除キー

逃げ出した ホットドッグ   投稿者: 砂風 一 投稿日:2016/11/04(Fri) 18:22 No.170  HomePage

日曜 お昼の公園で
アツアツ ホットドックを 食べようと
大きな口を あけたとき
いきなり手から 飛び出した
ホットドックが 逃げ出した
走る 走る 逃げ回る
公園の中を 逃げ回る
ホットドッグを 捕まえろ


ケチャップ 飛び散る事件だよ
アツアツ ホットドッグの 大脱走 
ぼくのお腹は ペコペコさ
ネコも一緒に 追いかける 
ホットドックが 逃げ出した
走る 走る 逃げ回る
お池の周りを 逃げ回る
ホットドッグを 捕まえろ 

多岐川 大介 > 砂風 一 さま。素敵な作品のご投稿、有難うございます! 管理者の怠慢で、永らくご迷惑をかけました。また、どしどし作品をご発表してください。これから作曲家の方たちへの呼びかけもはじめますので、もしかするとここから新しい童謡の産まれる日が来るやも知れません。乞うご期待(^^;) (11/4-19:08) No.172
砂風 一 > また、投稿できる日が来てうれしいです^^。これからも、どうぞよろしくお願いします。 (11/11-19:17) No.191
戸川智砂子 > 砂風 一 さまの童謡を楽しみにしております。 (11/12-20:21) No.193
名前 返信 文字色 削除キー

パッパ パイナポー 投稿者: みーま 投稿日:2016/11/07(Mon) 19:31 No.184 
パッパ パヤパヤ パイナポー パイナポー
どこになるのか 気になるポー パイナポー
それはそうです 木になるポー パイナポー

パッパ パヤパヤ パイナポー パイナポー
缶に詰めたら 輪切りでポー パイナポー
串に刺したら お祭りポー パイナポー

Pa-pa, pa-yeah-pa! Pa-pa-pa-pineapple!
Pa-pa, pa-yeah-pa!

食べてシブ甘 気分がポー パイナポー
パッパ パヤパヤ パイナポー パイナポー(ワオッ!)
パッパ パヤパヤ パイナポー パイナポー



   ※ 附曲あり

戸川智砂子 > ♪パッパ パヤパヤ ♪ 自分で適当に節つけ振り付けて踊っちゃいました。 (11/8-09:28) No.186
みーま > コメント有難うございます!また投稿します♪ (11/10-14:46) No.187
名前 返信 文字色 削除キー

柿の実 投稿者: みーま 投稿日:2016/11/04(Fri) 16:21 No.169 
鳥が 教えてくれるんだ
ここの おウチの 庭の柿
とっても 甘くて 美味しいよ (ほんと?)

熟れて 沢山なっている
そこの おウチの 庭の柿
とっても 渋くて 食べられない (そうか!)

ボクに 教えてくれたんだ
あの実 よく見てごらん ほら
口ばし つついた 跡あるよ (どぉこ?) 

パパが 指さす その先に
鳥が 留まって 枝の柿
ピチュピチュ つまんで 美味しそう (僕も!)



   ※ 附曲あり

戸川智砂子 > かわいい詞ですね。(  )の中のフレーズがいいですね。 (11/4-20:16) No.176
みーま > わ〜コメント嬉しいですぅ。メールを有難うございました。 (11/4-20:50) No.178
名前 返信 文字色 削除キー

《 ご長寿さん音頭 》 投稿者: 戸川 智砂子 投稿日:2015/05/04(Mon) 13:57 No.151 

 朝の元気な ごあいさつ 
 日の出おがんで 願いごと
 ほのぼの 顔よし 姿よし

※ 明治 大正 昭和から
  とんで平成 ワハハノハ・・・
  胸にゃまっ赤な 愛の花
  手拍子だよ シャンシャンシャン
  ご長寿さん

 昼も明るく 口ずさむ
 昔なつかし わらべ唄
 笑顔がふくらむ 歯も光る
 
※ くりかえし

 夜にゃ顔出す お月さま
浮かぶおも影 うしろ影
やさしい 光を ありがとさん

※ くりかえし

松田飛車 > ありがとうございます。
二番の歌詞がいいです。
特「胸にゃまっ赤な 愛の花」フレーズ。
シニア(シルバー)の歌が流行るといいですね。
(5/5-21:58)
No.152
名前 返信 文字色 削除キー

ぽけぽけ音頭 投稿者: 松田飛車 投稿日:2015/05/02(Sat) 23:13 No.148 
    ぽけ!ぽけ!
ぽけぽけ音頭で踊りましょう
どっこいしょう!あ〜 それ!それ!
朝は起きて散歩しに行く
会う人に「おはようございます」
ぽけぽけ音頭で歌いましょう
ぽけぽけ音頭で笑いましょう

     ぽけ!ぽけ!
ぽけぽけ音頭で話しましょう
どっこいしょう!あ〜 それ!それ!
昼は暇で知りあいに行く
会う度におしゃべり何度も
ぽけぽけ音頭で歌いましょう
ぽけぽけ音頭で笑いましょう


昨年、定年になり、以前からお世話になってるサイトに
再び、作詞活動をお世話になります。
 年を取ると認知症が多くなるそうです。その意味で
ぽけ防止の作詞でコミックソングです。
たまに、家で歌ってます(笑)

“作詞どっとこむ”事務局i一同 > 松田様。楽しい歌を有難うございます。こちらも高齢者の方々に敬意を表して、一編のせます・・ (5/4-13:55) No.150
名前 返信 文字色 削除キー

ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ 投稿者: すぷりんぐぼーい 投稿日:2014/02/16(Sun) 10:03 No.117 
羊飼いに誘われて 丘を登ると
白いエーデルワイス 岩陰に咲いてる
  そよぐ風は万年雪の峰々を越えて
  神々の歌声を 大地に届ける
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
喜びの歌を
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
共に歌おう



足場の悪いガレを滑る小石は
雪融けの水のように 斜面を走る
  谷の底から湧きあがる白い霧は
  高い尾根に 登って 速さを増す
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
喜びの歌を
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
共に歌おう



ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
喜びの歌を
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
ヨーレル ヨーレル ヨーレッヒ
共に歌おう


徳田 勝行 > すぷりんぐぼーいさん、こんにちは。 
幅広いご活躍に感激しています。 私の感じでは三番にも歌詞が欲しいですネ。 
ハイジの世界が見えるようです。 (2/20-09:30)
No.120
名前 返信 文字色 削除キー

かぞくカップ 投稿者: みーま 投稿日:2014/02/07(Fri) 22:39 No.89 
パパのカップは しましまカップ
いつもコーヒーが はいってる ごっくん

ママのカップは お花のカップ
いつもレモンティ はいってる ごっくん

おねぇちゃんカップは みずたまカップ
いつもココアが はいってる ごっくん

そして
ぼくのカップは クマくんカップ
いつもあったかい
ミルクたっぷりと はいってる ごっくん
名前 返信 文字色 削除キー

指きりげんまん   投稿者: クロイ キョトウ 投稿日:2014/01/30(Thu) 21:26 No.86 
指きりげんまん 魔法の言葉
ママと僕との 約束ね
きっといい子に なれるから
きっといい子に なるからね

指きりげんまん お日様見てた
ママと僕との 約束を
きっといい子に なれるから
きっといい子に なるからね

指きりげんまん 魔法の呪文
ママと僕との 約束は
きっといい子に なれるから
きっといい子に なるからね
名前 返信 文字色 削除キー

すもものかおりのご隠居さん 投稿者: タナベ ミチ太 投稿日:2014/01/20(Mon) 06:15 No.84 
初めて作詞しました。曲はまだだけど、デユークエイセスのおさななじみの替え歌で歌っています。

一・雨にもマケズで生きてきた 僕らの街のご隠居さん
すももの香りと味がする 戦争知ってるおじいさん

職場は何かつまらない 安い給料やな上司
仲間同士が集まって 酒飲みながらの憂さ晴らし

ご隠居さんに打ち明けた あいつは嫌な奴だよと
君の言うのはもっともと あいづち打って欲しかった

ご隠居さんは言いました そうではないよ あの人は
僕は知ってるいいところ いいとこあるよと言いました

二・病気に負けずに生きてきた 僕らの街のご隠居さん
すももの香りと味がする 津波も知ってるおじいさん

職場はなにかつまらない 安い給料やな上司
仲間同士が集まって 酒飲みながらの憂さ晴らし

ご隠居さんは言いました そうだね君も辛いよね
僕は知ってた君のこと 頑張っているの見ていたよ

ご隠居さんは言うだろう 僕が苦手なあの人に
そうでもないよあの子にも いいとこあるよと言うだろう

三・お金はそこそこあればいい 元気なだけでありがたい
泣いた分だけ強くなる 人と仲良くするんだよ

笑っているのか泣き顔か しわくちゃ笑顔のおじいさん
聴いて下さいご隠居さん 悪口言わないおじいさん

すもものかおりのご隠居さん

松田飛車 > 三番の歌詞はいいですね。

笑っているのか泣き顔か しわくちゃ笑顔のおじいさん
聴いて下さいご隠居さん 悪口言わないおじいさん

おしいのは、三番の歌詞が半分になってることです。 (5/3-12:57)
No.149
名前 返信 文字色 削除キー

 嫌 い な 子  投稿者: クロイ キョトウ   投稿日:2014/01/15(Wed) 13:26 No.83 

嫌いな子 嫌いな子
嫌いなとこばっか 探して
ますます嫌いに なっちゃった
いいとこ探して みようかな
ちょっぴりお話し しようかな
お話ししたらば 嫌いなあの子が
変わるかな

嫌いな子 嫌いな子
嫌いなことばっか やってて
ますます嫌いに なっちゃった
いっしょに帰って みようかな
ちょっぴりわかって あげよかな
わかってあげたら 嫌いなあの子が
変わるかな

嫌いな子 嫌いな子
嫌いなとこばっか 見ていた
自分が嫌いに なっちゃった
そんなに嫌いじゃ ないんだな
あの子はいいとこ あるんだな
わかってあげたら 嫌いなあの子が
僕の友
名前 返信 文字色 削除キー

ツメきりウサギ   投稿者: 砂風 一 投稿日:2013/12/15(Sun) 13:40 No.44  HomePage

お腹を空かせた ツメきりウサギ
長い耳を立てて やってきた
のびたツメが 大好きで
パッチン パッチン
わき目もふらず かじりだす
ツメきりウサギは 食いしん坊


お腹がいっぱい ツメきりウサギ
のびたツメを全部 食べちゃった
きれいにツメが そろったら
パッチン パッチン 
耳をたおして お昼寝さ
ツメきりウサギは おやすみさ 
名前 返信 文字色 削除キー

小さくなったの? 投稿者: みーま 投稿日:2013/12/13(Fri) 09:07 No.34 
お気に入りの ブラウスの
そでが ちょっと みじかいよ
ママ ママ 小さく
なっちゃったのかな?
いいえ あっちゃんが
大きくなったのよ

お気に入りの トレーナー
かたが ちょっと くるしいよ
パパ パパ 小さく
なっちゃったのかな?
いいや いっくんが
大きくなったのさ

お気に入りの くつのさき
ゆびが きつく かんじるよ
わたしの ぼくの
しらないあいだに
そうか ちょっとずつ
大きくなるんだね
名前 返信 文字色 削除キー

ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/12/12(Thu) 20:25 No.31 
作曲・歌唱 HIRATA

一日一回  ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ
君の心を ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ
私は君の ママだから
君の心が わかります

今日も 楽しく健やかに
お日様 さんさん遊んでね
明るい 笑顔が見えたなら
幸せさんが やってくる


一日一回  ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ
君の身体を ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ
私は君の ママだから
君の元気が わかります

今日も わんぱくできたかな
走って 転んで 鬼ごっこ
明るい 笑顔が見えたなら
幸せさんが やってくる


一日一回  ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ
君の心を ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ
私は君の ママだから
君の心が わかります

みーま > 親子の間でも、愛情が希薄になっていると思われる昨今、この「ぎゅっ ぎゅっ ぎゅっ」は言葉より大切なことだなって思いました。ママもパパも、子供をもっと抱きしめてあげてほしい。大きい子供には手だけでも。私も自分の子供に、これからもそうしてあげたいと思いました。 (12/13-09:00) No.33
江利しのぶ > みーま様ありがとうございます。いろいろ作品を拝読させていただいてます。作品と同じでやさしい方なんでしょうね。心がしのばれます。 (12/16-06:40) No.45
名前 返信 文字色 削除キー

かわいい子ねこ 投稿者: みーま 投稿日:2013/12/09(Mon) 09:41 No.25 
子ねこ 子ねこ よちよち歩き
ミャーミャー なく声
かわいい 子ねこ

子ねこ 子ねこ ふわふわうぶ毛
やさしく なでたら
おねむな 子ねこ

子ねこ 子ねこ つぶらなお目々
たまらず 抱き上げた
かわいい 子ねこ
名前 返信 文字色 削除キー

春の目覚め 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/12/03(Tue) 19:52 No.20 
作曲 本間秋良

雪解けの音が 山小屋に
小さなメローディー奏でます
ポツリ ポトリ 落ちる春の雫
そこまで来ている 春の陽射し

眩しく輝く 雪の小径
小リスの足跡 続きます
ポツリ ポトリ 落ちる春の雫
そこまで来ている 春の芽吹き

窓辺を飾る 氷柱も消え
遠くでせせらぎ 歌いだす
ポツリ ポトリ 落ちる春の雫
そこまで来ている 春の目覚め

ポツリ ポトリ 落ちる春の雫
そこまで来ている 春の目覚め

みーま > 「ポツリ ポトリ 『落ちる春の雫』」とても素晴らしい表現だなって思いました。タイトルにしても良かった気もします。 (12/9-09:47) No.26
江利しのぶ > みーま様 はじめまして。うれしいお言葉ありがとうございます。なるほど、タイトルですか?気が付きませんで!私は「タイトル下手」で有名ですから・・・またご指摘よろしくお願いします。 (12/12-20:23) No.30
名前 返信 文字色 削除キー

彼岸花 咲いたよ 投稿者: すぷりんぐぼーい 投稿日:2013/12/01(Sun) 09:03 No.17 
彼岸花 咲いたよ
赤い 赤い花だよ
手を振った夕暮れ
畔の道をひとり

彼岸花 咲いたよ
赤い 赤い花だよ
かくれんぼ 神社の
高い木の下で

 彼岸花 咲いてる
 この道をあるけば
 色づいた稲穂が 眠そうに揺れてる

彼岸花 咲いたよ
遠い 遠い ふるさとの色だよ
名前 返信 文字色 削除キー

りんご りんご 投稿者: みーま 投稿日:2013/11/26(Tue) 09:16 No.6 
りんご りんご
まっ赤な りんご
シャラ シャラ むいて
シャキ シャキ 食べよ

りんご りんご
きみどり りんご
シャリ シャリ むいて
シャク シャク 食べよ

りんご りんご
おいしい りんご
やさしく むいて
楽しく 食べよ
名前 返信 文字色 削除キー

ひよこの運動会 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/11/22(Fri) 21:13 No.5 
笛が鳴れば 走り出す
ぴっぴっぴっひよ たった たった た
負けずに走れ ひよこたち
ママも見ている ジッチャンも
柔らか芝生の グランドで
ぴっぴっぴっひよ たった たった た
負けずに走れ ひよこたち

青い空の お日様が
ぴっぴっぴっひよ たった たった た
眩しく照らす 運動会
赤い帽子の 女の子
こけても泣かない 男の子
ぴっぴっぴっひよ たった たった た
笑顔の君は 一等賞
名前 返信 文字色 削除キー

ピンキンコンのオルゴール 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/11/22(Fri) 21:12 No.4 
ピンキンコン オルゴール
夜空の星が歌ったら
きっとこんなに 歌うでしょう
ピンキンコン ピンキンポン
澄んだ音色の オルゴール
優しさあふれる 音色です


ピインキンコン やさしいね
耳を澄まして聴いてると
どこか遠くで 歌ってる
ピンキンコン ピンキンポン
夢の音色の オルゴール
母さんみたいな 音色です


ピンキンコン 懐かしい
幼いころを思い出す
ふれてみたいな もう一度
ピンキンコン ピンキンポン
切ない音色の オルゴール
心にあふれる 音色です
名前 返信 文字色 削除キー

ケロンパの四季 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/11/15(Fri) 21:19 No.792 

夏が逝けば 僕たちも
そろそろお眠の 時間です
両手も広げて 背伸びして
お日様 またね ごきげんよう

里はこれから 秋深く
小春日夕日に 包まれて
静かな時が 流れます

夏が逝けば 僕たちも
そろそろお眠の 時間です



息を吐いて 北風が
走って行きます 野に山に
背中を丸めて 歩く人
元気な あの子 ごきげんよう

窓に雪ん子 降りてきて
僕らの 布団は 土の中
土筆と遊ぶ 春の夢

息を吐いて 北風が
走って行きます 野に山に



声を潜めて 来る春を
誰もが今かと 待ってます
桜の蕾が 頬を染め
眠いまぶたを こすります

街に子供の 弾む声
ケロンパ早く 起きなさい
遅刻をしても 知りません

声を潜めて 来る春を
誰もが今かと 待ってます
名前 返信 文字色 削除キー

暖まってホイ 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/11/09(Sat) 17:25 No.785 
木枯らし吹いて お星様が凍る
凍えて光る 窓の外
そんな夜は お風呂
暖まって ホイ

優しいお湯です 
昇る湯気
愉しく過ごした 一日を
お話している 君が好き



ふんわり小雪 ぼたん雪おいで
積もれば あの子と雪遊び
そんな夜は お風呂
暖まって ホイ

玩具の金魚 水鉄砲
百まで数えて 泡の雪
さよならバイバイ また明日

名前 返信 文字色 削除キー

けろゆん けろよん けろやん 投稿者: 松田飛車 投稿日:2013/10/13(Sun) 10:34 No.681  HomePage
 

けろゆん!けろゆん!おやこで鳴く  
田舎のあまかえる おりまして
ふだんは言うことは聞きません
それから降るとなぜか元気に
 けろゆん!けろゆん!けろゆん! 
あまかえるそれからと言うのは
雨降りまして地固まりました
けろゆん!けろゆん!けろゆん!

けろよん!けろよん!夫婦で鳴く
地方の亜麻かえる おりまして
いつもは近くにはいないです
夜中になるとなぜかさえるの
 けろよん!けろよん!けろよん!
亜麻かえるそれからと言うのは
亜麻色になり心癒されて
けろよん!けろよん!けろよん!

けろやん!けろやん!あなたと鳴く
地域のあまかえる おりまして
遊びは大好きで手に負えん
ところが朝になると燃えるの
 けろやん!けろやん!けろやん!
あまかえるそれからと言うのは
のど膨らまし夕立ひととき
けろやん!けろやん!けろやん!

名前 返信 文字色 削除キー

皆さまへのお知らせです 投稿者: 作詞どっとこむ事務局  投稿日:2013/10/01(Tue) 10:45 No.658  HomePage
いつもご投稿ありがとうございます。

当サイトの掲示板が無料投稿であるのを良いことに、大量の迷惑書き込みが
送られてきておりました。

そのため、この一週間ほど掲示板の書き込みを止めておりました。
善良な皆さまにご心配とご迷惑をおかけいたしましたが、再開をすることに
いたします。
皆さまの力作をドンドン世に宣伝していきたいと思っております。
名前 返信 文字色 削除キー

空色のフシギ 投稿者: みーま 投稿日:2013/09/14(Sat) 22:53 No.644 
空色 とっても フシギだね
晴れの日 青色 うれしい気分
そうして 夕がた 赤色に
黒色 夜には 
月のき色と 光る星色

空色 ほんとに フシギだね
雨の日 はい色 ぼんやり気分
そのうち やんだら 青色に
なな色 そまった
まるの半分 虹のかけはし
  
笑顔で見てる 虹は夢色 
名前 返信 文字色 削除キー

ラムネのあぶく 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/09/13(Fri) 21:36 No.641 
1)
ラムネのあぶくが ぽっ ぽっ ぽっ
空をめがけて かけ上がる
夢を探しているんだよ
カチカチ ビー玉 ガラス玉
澄んだ音色は どこへ行く
あぶく追いかけ 空の上

2)
ラムネのあぶくが ぽっ ぽっ ぽっ
僕といっしょに 雲の中
いえいえ あぶくは 海の底
あぶくは ころがり 逃げ出した
空をめがけて 昇ってゆく
ピチィと はじけて 君の胸

3)
銀色 あぶくは どこいった
僕の知らない 遠いとこ
青く暗い 海の底
いいえあぶくは 雲の上
光るビー玉 つれてった
雲の彼方に とけて行った

名前 返信 文字色 削除キー

あわうさぎ   投稿者: 砂風 一 投稿日:2013/09/11(Wed) 20:47 No.636  HomePage

おふろで せっけん あわだてて
からだを もこもこ あらうとき
あわの なかから とびだした
あわうさぎ あわうさぎ あわうさぎ
おふろば いっぱい あわうさぎ


ふわふわ にげてく しろうさぎ
つかんで もこもこ しちゃったら
あたまの うえに のっかった
あわうさぎ あわうさぎ あわうさぎ
あっちも こっちも あわうさぎ


ぼくが きれいに なったとき
シャワーで おゆを かけたなら
ちいさな あなから だいだっそう
あわうさぎ あわうさぎ あわうさぎ
ならんで にげてく あわうさぎ

みーま > 砂風 一さんは、いつもユニークで子供たちが楽しめるような童謡詞をお描きになりますね。3番の「ちいさな あなから だいだっそう」このフレーズも、発想が面白いなって思いました。2点ほど。例えばですが、1番「おふろで せっけん」に合わせて、「あたまの うえに」を2番の一行目に持ってきて「あたまの てっぺん」とすると、「せっけん」と「てっぺん」で韻を踏む形になって、メロディが附いたら更に覚え易くなるように思います。「にげてく」についてですが、2番で使っているので、3番は他の表現にしてもいいのかなって思いました。色々書いてごめんなさい。とっても可愛らしい詞でした。 (9/12-09:02) No.637
砂風 一 > み−ま さん
とても的確な指摘だと思ったので、頂いた素敵なアイデアから、
新しい2番を考えてみました。
また、いつでもアドバイスくださいね^^。
ありがとうございました。


あたまの てっぺん のっかって
かみのけ もしょもしょ たべにくる
わんぱく ざかりさ くいしんぼう
あわうさぎ あわうさぎ あわうさぎ
おなか ふくらむ あわうさぎ

こんな感じ^^。 (9/13-19:30)
No.640
名前 返信 文字色 削除キー

[鹿さんと遊ぼ] 投稿者: 徳田 勝行 投稿日:2013/09/08(Sun) 18:11 No.634 
[鹿さんと遊ぼ]


鹿は鹿の子が  かわいいね
ピリ辛揚げ物 おなかをこわす
大好きなのは 鹿せんべい
高く上げたら あいさつするよ
隠して持っても 追いかける
両手を開いて もうナイナイ
足元撒いたら ハイポーズ
奈良の鹿さん サアあそぼ!


鹿は草食 芝刈りだ
お肉や魚は 食べられないヨ
大好きなのは 鹿せんべい
角が当たるの お辞儀のせいさ
おやつが欲しいと 付いて来る
両手を開いて もうナイナイ
足元撒いたら ハイポーズ
奈良の鹿さん サアあそぼ!


鹿は愛情 いっぱいね
子供を連れてる 母さんだから
大好きなのは 鹿せんべい
叩きに来るのは 護っているの
噛むのじゃ無いんだ おねだりヨ
両手を開いて もうナイナイ
足元撒いたら ハイポーズ
奈良の鹿さん サアあそぼ!



名前 返信 文字色 削除キー

赤トンボ とんでるよ 投稿者: みーま 投稿日:2013/09/04(Wed) 08:57 No.633 
お庭で とんでるよ 
さらさら とんでるよ

赤トンボ 枝にとまった ほら!

うすいハネ きれいだね

  お空の オレンジに
  たくさん ならんでる

  赤トンボ かえるお家は どこ?

  あの山の むこうかな?

    お庭に また来てね
    みんなで また来てね

    赤トンボ 明日 またあそぼうね

    待ってるね バイバイね

砂風 一 > 赤トンボさんは、うすいハネがきれいだね、て言われたから
照れちゃって赤くなったんだね。(空まで赤くしちゃうほど)
赤トンボって、かわいいですね^^。
(9/14-14:52)
No.642
みーま > 砂風さんの発想は、とても柔軟ですね。でもそうじゃないと、特に童謡は描けませんものね。短い中で子供(大人も)を楽しませるのは難しいですが、描きたいジャンルでもあるので、触発されます。 (9/14-22:48) No.643
名前 返信 文字色 削除キー

おいしくな〜れ 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/08/31(Sat) 19:53 No.631 

おいしくな〜れ
おいしくな〜れ
母さんの想い
お料理 トントントン
おいしくな〜れ


おおきくな〜れ
おおきくな〜れ
父さんの想い
食卓囲んで 
おおきくな〜れ

元気にな〜れ
元気にな〜れ
家族の願い
今日も笑顔
元気にな〜れ

幸せな〜れ
幸せな〜れ
希望は光
みんなで呼ぼうよ
幸せな〜れ

名前 返信 文字色 削除キー

いち、に、さんりんしゃ 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2013/08/31(Sat) 08:31 No.630  HomePage
いちりんしゃに のってる子
そよ風の ゆうえんち
コスモス いちりん ゆ−らゆら
ゆれている ゆれている

にりんしゃと ころげた子
あぜ道の まがりかど
ふたごの姉妹 く−すくす
わらってる わらってる

さんりんしゃで ないてる子
町なかの ほいくえん
ほぼさん さんにん あ−たふた
とんできた とんできた


名前 返信 文字色 削除キー

こども園さくら組 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/08/30(Fri) 20:32 No.628 
もうすぐ保育園 幼稚園
大人になるための 一歩です
強いぞ 腕白 子供たち
度胸試しの 桜です

笑顔か泣きべそか 君の顔
心配してるのは ママたちも
我慢だ ソワサソワ 落ち着かず
子離れしますよ 君のため


もうすぐ保育園 幼稚園
良い子になるための 一歩です
明るく元気に 朗らかに
友達たくさん つくってね

日ごとに逞しく なっていく
走って転んで 起き上がれ
君らは可愛い だるまさん
明日も天気に 天気にな〜れ
 明日も天気に 天気にな〜れ

名前 返信 文字色 削除キー

玉ねぎ賛歌(涙と共に) 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/08/29(Thu) 20:40 No.626 

涙と共に 幸せが
ポロポロ ポロリ やってくる
たまねぎ たまねぎ オニオンさん
おいしくなってね ハンバーグ
あれあれ 君は ミートスパ
みんなの笑顔が 楽しみだ

我慢をしても 目が痛い
ポロポロ ポロリ やってくる
オニオン オニオン たまねぎさん
絶対料理に 欠かせない
優しい顔の お姫様
みんなの笑顔が 光ります

不思議な君の その笑顔
ツルピカ美人の そのお肌
辛くて甘くて 美味しくて
思わずひょいと 手が出ます
世界の人たちラブコール
みんなの笑顔が 見えてます

名前 返信 文字色 削除キー

おねむの電車 投稿者: 江利しのぶ 投稿日:2013/08/28(Wed) 19:53 No.624 
電車 電車 電車
ガッタン ゴットン 揺れてます
窓の外の 景色に飽きて
瞼が重たく なってくる
どうでもいいや 眠っちゃおう
ガッタン・ゴットン 揺れてます



電車 電車 電車
コックリ コックリ ママの顔
ママといれば 安心だよね
おねむのトンネル 入ります
気持ちがいいや 夢の国
ガッタン・ゴットン 揺れてます


電車 電車 電車
ガッタン ゴットン 揺れてます

作詞どっとこむ事務局  > 江利さん、投稿ありがとうございます。作詞どっとこむ事務局戸川です。  可愛いですね。「おねむの電車」のタイトルに誘われ、眠くなりますね。やはりママといれば安心。母は強しですね。 (8/28-21:07) No.625
江利しのぶ > 戸川様 レス嬉しく拝見いたしました。
ありがとうございます。宜しくお願いたします。 (8/29-21:09)
No.627
名前 返信 文字色 削除キー

《 ことばのれっしゃ 》 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2013/08/28(Wed) 18:56 No.622  HomePage
ことばのれっしゃを はしらせろ
あいうえ おやまを かきくけ こえて
さしすせ そらまで はしらせろ
ポッポ ピーポー ピー

ことばのれっしゃは にぎやかだ
たちつて ともだち なにぬね のせて
はひふへ ほんとに にぎやかだ
ポッポ ピーポー ピー

ことばのれっしゃを とめるんだ
まみむめ もうすぐ やいゆえ よるさ
らりるれ ろくじにゃ とめるんだ
ポッポ ピーポー ピー

ことばのれっしゃが ないてるぞ
“わ”のじと“ん”のじが のりそこね
みんなで“わんわん” ないてるぞ
ポッポ ピーポー ピー


多岐川 大介 > 投稿復活 書き込み test (8/28-18:57) No.623
名前 返信 文字色 削除キー

皆さまへのお知らせです! 投稿者: 作詞どっとこむ事務局  投稿日:2013/08/28(Wed) 14:30 No.619  HomePage
しばらく、『童謡系作詞とレス 投稿掲示板』お休みしていましたが、復活です!  
どうぞ、あなたの心の内に秘めている数々の純真な、そしてステキな思いをお書き下さい。 お待ちしています。

 
名前 返信 文字色 削除キー

springboy様 投稿者: ながいさつき 投稿日:2013/03/02(Sat) 11:52 No.516 
童謡などのような感性が直接に作用する世界は簡単に見えて実は奥が深く、憧れて真似をしようと思っても出来ない世界です。ほのぼのとしたスズメの親子の姿が目に浮かびます。勉強になりました。有難うございます。
名前 返信 文字色 削除キー

スズメの子 投稿者: springboy 投稿日:2013/02/24(Sun) 19:59 No.459 
ぴょんぴょんぴょん スズメの子
お家は何処だ スズメの子
ぴょんぴょんぴょん スズメの子
母さん 屋根で鳴いている
ぴょんぴょんぴょん スズメの子
父さん 枝で鳴いている
ぴょんぴょんぴょん スズメの子

猫が髭なで見ているぞ


ちゅんちゅんちゅん スズメの子
お歌を覚え スズメの子
ちゅんちゅんちゅん スズメの子
母さん 畑で鳴いている
ちゅんちゅんちゅん スズメの子
父さん アンテナ鳴いている

トンビがぐるっと輪を描いた

ぴょんぴょんぴょん スズメの子
ちゅんちゅんちゅん スズメの子
名前 返信 文字色 削除キー

無題 投稿者: ぽんず 投稿日:2013/02/17(Sun) 22:46 No.452 



失ってから気付く
君のあたたかさ
ふと思い出しては
涙がこぼれ落ちる

記憶の中で写真の中で
笑う君は美しい
この世界の誰よりも君は美しい

色褪せないまま
残された思い出
僕だけがほら年を老いていく

似たような髪型につい
手を伸ばして 気が付いた
もう君はいないんだって

つまりは僕は抜け出せず
届かないのに凝りもせず
君だけを想ってる
君だけを思い続けてる

繰り返す日常の中に
確かに存在してた君は
跡形もなく抜け落ちてて

夢を見た君がまだ
僕の隣にいた頃の
笑顔で満ち溢れた
今とは程遠い幻

失ってから気付く
君のあたたかさ
ふと思い出しては
涙がこぼれ落ちる

つまりは僕は抜け出せず
届かないのに凝りもせず
君だけを想ってる
君だけを思い続けてる

今日も変わらず思い続けてる

名前 返信 文字色 削除キー

無題 投稿者: ぽんず 投稿日:2013/02/17(Sun) 22:46 No.451 



君が笑うと僕は笑う
僕が泣くと君は悲しむ
いつの間にか思考回路まで
似てきたね 僕たち

ありがとうなんて言わないさ
飽きるくらいまで傍にいるから
文句なんて言わせないよ

この幸せが当たり前に
思えるくらい一緒にいよう
いつの日か運命だと言えるように
笑って君といれるように

手を繋ぎながら歩いた街
君と僕が出会えた素敵な奇跡
晴れた日も雨の日も
変わらないのは僕たちの笑顔

ありがとうじゃ伝えきれない
言葉なんかじゃ表せられない
いつか見つけるからね

いろんなとこ行って
たくさん思い出をつくろう
君の笑顔が色褪せないように

この幸せが当たり前に
思えるくらい一緒にいよう
いつの日か運命だと言えるように
笑って君といれるように


名前 返信 文字色 削除キー

無題 投稿者: ぽんず 投稿日:2013/02/17(Sun) 22:43 No.450 



どうしてだろう
指摘されてから気付いた涙
僕の頬を撫でる君の手
あたたかくて悲しかった

満足できないのはきっと
伝えたいことの半分も伝わらないから
涙を流すのはきっと
言えない自分が情けないから

言葉以外でも愛は表現出来るけど
すぐに消えてしまうよ
寂しさが込み上げるよ
ぬくもりも匂いもなにもかも

いっそ溶けてしまって
君と混ざり合いたい
そしたらいつでも傍にいれるね

でもそれをしないのは
それが出来ないのは
僕らが生きているから

探すよ 手探りでも
十人十色きっとあるはずさ
最適な君の愛し方

だからちょっと待っててね
今はまだスタンダードに
何事も基本が大事
想いを込めて君に口付けしよう
そしてそっと囁くんだ

震える声で『愛してる』

名前 返信 文字色 削除キー

LOVE : 投稿者: midori 投稿日:2013/02/17(Sun) 00:15 No.447 
好きって云えたらこんなにも
苦しむことはなかったの?

君と会うたびに、心が揺らぐ
話すだけで幸せなの。
「両想いより片思いの方が幸せ」
私は、君に想い伝えたい
離れてるとき会いたい。
四六時中貴方を想ってしまうの。

好きって云えたら最高よね
想いを伝えたいの
夢の中やイメージでは
上手く言えるのに
次に君に逢えたら、
ゆっくりっと始めようか。


この想いを伝えるころには
勇気を振り絞っていざ伝えろよ
この想いは貴方だけへの思いだから


桜が散りゆくころには、
私たちはどうなってるだろうか。


名前 返信 文字色 削除キー

投稿者: 禁じられた森の子豚 投稿日:2013/02/14(Thu) 00:44 No.446 
作り笑いばかり
また嘘をついている
本当の自分に向き合えない

生意気な態度で
あなたを困らせる
大切な人の笑顔が消える

途方もなく街を歩いていく
僕が生きる意味を考えている
すれ違った人の群れの中から
微かに確かに声が聞こえた

「生きろ 生きて 息を吐いて」
「生きて 生きて 生きるんだ」

誰かがそう言った

名前 返信 文字色 削除キー

Can you say? 投稿者: no name 投稿日:2013/01/14(Mon) 04:23 No.326 
人には思いがある
それぞれ思いがある
それがあるから今がある

人には気持ちがある
それぞれ気持ちがある
それがあるから今がある

Can you say?
その思いを
その気持ちを
伝えられるのならば

Please say
その思いを
その気持ちを
留まらせないで

人には望みがある
それぞれ望みがある
それがあるから今がある

Can you say?
その思いを
その気持ちを
伝えられるのならば

Please say
その思いを
その気持ちを
留まらせないで

思いが有り今がある
気持ちが有り今がある
それが言えた今明日がある

Can you say...
Can you say...
Can you say...

クロイ キョトウ > そのとおり、人にはそれぞれ誰かに伝えたい『想い』がありますね。
その具体的な『想い』を詩的に表現するのが『作詩』ではないでしょうか。 (1/27-00:17)
No.434
名前 返信 文字色 削除キー

冬の雨 投稿者: 投稿日:2012/12/07(Fri) 13:15 No.197 
まどろむ朝に   ポツポツと
届いた音は    冬の雨
夕べのお酒     まだ残る
気だるいからだ   眠りに誘う
余韻の先は     夢の中

 

疲れた夜に    シトシトと
体を冷やす    冬の雨
なじみのお店   肴町(さかなまち)
愛した男(ひと)と  戻れぬ恋に
振り切る胸に    白いばら


夜更けのネオン   キラキラと
憎めぬあなた    冬の雨
涙でかすむ     石畳
冷たい風が     心にしみる
優しさだけを    抱きしめて

クロイ キョトウ

完全7*5調ですか?(*^^*)
余韻の先は 残り香抱いて 夢の中
とまいりましょうか(^^)v
お節介焼きのクロイキョトウでした(^з^)-☆
舞さんはベテランのほうで揉まれたほうがいいのでは?
がんば (*^^*) (1/26-23:52)
No.431
名前 返信 文字色 削除キー

投稿 投稿者: 投稿日:2012/11/26(Mon) 00:27 No.192 
初めて投稿します。
名前 返信 文字色 削除キー

投稿テストです(´ω`) 投稿者: 投稿日:2012/11/26(Mon) 00:26 No.191 
ひだまり



いつも、ただ、ただそばにいられる。
ただの友達でもいいの。一緒に過ごすだけ、それだけでいいの。

優しい声、眼差し、仕草全て
全てが私の胸の奥をいっぱいにするんだ

ひだまりのような、優しい人。
たくさんの光(イロ)混ざったあの色みたい
涙がこみ上げるくらいに好きな人
この純粋(ピュア)な気持ち、くれるのはあなた
あなただけなの。

クロイ キョトウ
真っ直ぐで、余計な言葉も足りない言葉もなく、素敵にご自分の気持ちを表現なさってますね。
これからもこういう素直な詩をたくさん書いていってください。 (1/27-00:07)
No.432
名前 返信 文字色 削除キー

送信のテスト 投稿者: 事務局−多岐川大介 投稿日:2012/11/22(Thu) 14:30 No.187 
書き込みと投稿のテストをしています・・・
名前 返信 文字色 削除キー

記事No 削除キー

- sakushi-fBoard -