[掲示板に戻る]
過去ログ[415]

過去ログ:
ワード検索: 条件: 表示:


[14582] 湖畔の思い出 投稿者: ノブ コウキ 投稿日:2017/01/06(Fri) 03:53
ほとりに 立つは 女神像
あなたと 行った 湖よ
凍えた 歩道で 手をつなぎ
寄せては 返す 波見てた
あまりに まばゆい 夢の時
今では 思い出 過ぎし日よ


湖畔の 宿に 雪が舞う
静かに 積もる 長い夜
深々 ふたりの 愛深く
このまま 続け 末長く
心で 祈った 夢の時
今では 思い出 過ぎし夜


湯船に 落ちて 解けて行く
定めは 淡き 白い花
儚い 恋路に ならぬよう
願った あの日 懐かしい
幸せ だったの 夢の時
今では 思い出 過ぎし日々


[14566] も一度 未練 投稿者: ノブ コウキ 投稿日:2017/01/03(Tue) 19:02
新年おめでとうございます。
今年も宜しくお願い致します。


黄昏 間近の 夕陽が 未練
あんたを 無性に 恋しがる
もしも ふたたび 住めるなら
命を かけても 添い遂げる
悔やんだ 心が 泣いている
も一度 会いたい 暮らしたい


枕が 涙で 目覚めて 未練
あんたの 姿を 夢で見る
悪い 癖なら 直すから
優しく 教えて 駄目なとこ
儚い 女の 戯言よ
も一度 一緒に 暮らしたい


風吹く ネオンの 街角 未練
あんたの 噂を 聞きたがる
そんな あんたが 言ってよね
も一度 一緒に 暮らそうと
聞きたい ほんとの 夢言葉
も一度 会いたい 暮らしたい

[14566へのレス] 無題 投稿者:
ノブ コウキ 投稿日:1/4-00:40
深川さま、改めて、今年も宜しくお願い致します。
そして、いつもご指導ありがとうございます。
ご指摘のところはやはりおかしいですよね!夢で見る、夢で見たは何度も入れ替えしたのですが、夢で見たに変更致します。3番4行目は、「 お前を探していたんだと」 に変更しようと思います。
今後もお手数おかけしますが、宜しくお願い致します。ありがとうございます。

[14559] 街飛沫(まちしぶき) 投稿者: みーま 投稿日:2016/12/31(Sat) 10:09
1.足を砂地に 取られるように
  声を残して 気持ちが早る
  自ら捨てた 結ばれぬ恋
  それでも胸に 消えないあなた
  人の波間に のまれる背中
  指を遮る あぁ街飛沫

2.腕に寄り添い 微笑むひとを
  包む眼差し 幸せそうで
  涙で決めた 永久の別れを
  後悔すれば 虚しいだけね
  愛の記憶の 波打ち際を
  薄れゆくまで あぁ夢見ます
        
3.淡い溜息 ひとひら吐(つ)いて
  そっとつま先 明日へ向ける
  抱かれて抱いた 荒波の恋
  一生一度 昨日に仕舞い
  ひとり歩道の 砂地を行けば
  胸に響くわ あぁ街飛沫


  

  ※ 今年最後に、もう一つだけ投稿を。
    この詞は、私が初めて演歌を意識して描いた過去作です。
    もう7年以上も前になりますが。

    ではでは〜〜♪