[トップに戻る] [使い方] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]
おなまえ
Eメール
題  名  
コメント
URL
削除キー (自分の記事を削除時に使用。英数字で8文字以内)
文字色

【 Another Sky , Another HT 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/07/25(Tue) 07:30 No.86  HomePage
【 Another Sky , Another Hometown 】

ポプラ並木の 木漏れ日のなか
立ち止まれば 僕の足元に
影はひとつさ もう君と
夢の中でしか 逢えないのかな

目覚めたら君が傍にいる そんなキセキを
もうしばらくは 待っててもいいかな?
Another Sky, Another Hometown
二人出逢った この町で

風が運んだ いつもの声に
振り返れば 知らん顔の街
それはデジャヴー もう君を
夢の中でしか 抱けないのかな

見えないものでも掴めると そうさ本気で
君がいたから がんばってこられた
Another Sky, Another Hometown
二人暮らした この街で

君からもらった想い出が 胸にあるから
僕はそれでも 生きて行かなくちゃね
Another Sky, Another Home
君が愛した この町で

Another Sky, Another Hometown
君を愛した この街で

みらく > わたしが他の板に投稿させていただいた「夢の中で」の進化形だ!!と思ってしまったのですが、図々しいですか?^-^;
もうひとつの「のすたるじあ と ひまわり と」ですね・・・ (7/25-22:41)
No.87
蜃気楼 > そうですね、みらくさんの「夢の中で」と共通する【思い】が、ありますね・・・。おっしゃる通り、もうひとつの「ノスタルジア と ひまわり と」です。同じ主人公ですから・・・。 (7/25-23:34) No.88
名前 返信 文字色 削除キー

【のすたるじあ と ひまわり と】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/07/22(Sat) 15:03 No.78  HomePage
そして
入道雲が 深呼吸する
夏の朝は お天気なんです
だから
少しばかりの 勇気を出して
のすたるじあを 届に来ました

僕はきみを 忘れません
きみが生きた証を 心にも
刻んでおきます 永遠に

御影石 きみの名前を 指でたどれば
蝉時雨 沁みてゆきます

そして
緑の風が 翼広げて
夏の朝は さわやかなんです
だから
花屋に寄って 向日葵買って
想い出たちと 話に来ました

僕はきみを 忘れません
僕が忘れ去られる 日が来ても
想いは消えない 永遠に

線香の 煙たなびき 空に溶けてく
僕の歌が 聴こえてますか

嗚呼・・・

僕はきみを 忘れません
のすたるじあ と ひまわりと


******


作曲・編曲:村雨希望 作詩・歌唱:蜃気楼 です。
皆様に、お聞きいただければ幸です。2006年製作
名前 返信 文字色 削除キー

マテンロウ・ジプシー(デュエット) 投稿者: 多岐川 大介 投稿日:2017/07/20(Thu) 16:36 No.76 
 (男)ドレス赤いネ 素敵だネ
    スカイラウンジ あかりも揺れて
 (女)ワイン白いワ 飲みほすワ
    ひとみキラキラ 夜空のダイヤ
 (男)パパヤ パヤ (女)パパヤ パヤ
(二人)こころ夢色 はああ 恋の色・・・
(男)パパヤ パヤ (女)パパヤ パヤ
(二人)酔えば世界が 優しくめぐりだす

※(女)すきすき すきすき すきすき すきよ
(男)きすきす きすきす きすきす きすを
(二人)魔法のことばに あやつりつられ
   今夜のわたしたち ムー マテンロウ・ジプシー

 (男)こっそり背中 覗きこむ
    青い夜風 うらやましいよ
 (女)今夜とくべつ おしえるワ
    くろい下着に 呪文の模様
 (男)パパヤ パヤ (女)パパヤ パヤ
(二人)恋は何色 はああ 魔法色・・・
(男)パパヤ パヤ (女)パパヤ パヤ
(二人)翼ひろげて 夜空を旅しよう

(女)さわさわ さわさわ さわさわ さわと
(男)わさわさ わさわさ わさわさ わさと
(二人)アラビアあたりへ ランプを買いに
   王様気分なの ムー マテンロウ・ジプシー

※    リフレイン

蜃気楼 > デュエット マテンロウ と ロマン歌謡的 摩天楼、いずれも 70年代の歌謡曲黄金期の香りを、感じさせていただきました。メロディーを誘発させるような言の葉の構成、拝読させていただきました。 (7/22-14:49) No.77
多岐川 大介 > あはは、さすが蜃気楼さま。見破られましたか。たしかに今を去ること四十数年前は、こんな感じのおっちょこちょいな歌が巷に流れていましたね・・・
(7/22-18:05)
No.80
蜃気楼 > 多岐川先生、蜃気楼さま は、おやめくださいませ(冷汗)。 (7/23-10:31) No.82
多岐川 大介 > 蜃気楼さま、多岐川先生はおやめくださいませ(大汗)。むかし富山県で本物の蜃気楼を見かけたことがあります。蜃(大きなハマグリ)が夢をえがくと、それは楼閣になるのだそうです。でも、蜃気楼さんのレスはすごいよ(^^)/ (7/23-10:44) No.83
蜃気楼 > 蜃気楼 は、学生時代に使っていたバンド名です…。
レスは、いままで 先生方、諸先輩方から私自身が御教授いただいたことを、ただ、そのままお伝えしているだけのことですから・・・。
(7/23-13:55)
No.84
名前 返信 文字色 削除キー

【 古都 1997  My Song 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/07/14(Fri) 11:33 No.74  HomePage
暮れ急ぐ古都の空は 薄墨色の静寂(しじま)に抱かれ
加茂の川辺(ほとり)を独り歩けば 想い出がいつか寄り添う
僕の心の襞を震わせ 儚く消えた女性(ひと)がいた
巡る季節に戸惑いながら 川面見つめる僕がいた

人生 出逢いと別離(わかれ)が
月の満ち欠けのように唯 繰り返す運命(さだめ)なら
せめて・・・mh・・・
絶え間なく歌よ流れろ この僕と道連れに
絶え間なく歌よ流れろ この川の流れのままに

発つ都鳥(とり)のその寂しさは 遠い昔に傷つけた友の
旅立つ姿見送った時の やるせなさに似ている
僕があの頃書き泥んだ詩(うた)は 生きる事の哀しさだった
後ろめたさを引き摺りながら いくつ歳を重ねただろう

人生 出逢いと別離(わかれ)が
月の満ち欠けのように唯 繰り返す運命(さだめ)なら
せめて・・・mh・・・
絶え間なく歌よ流れろ この僕と道連れに
絶え間なく歌よ流れろ この川の流れのままに

絶え間なく歌よ流れろ この僕と道連れに・・・


     *********


一編の拙詩が、私自身が齢を重ねるとともに変化していきます・・・。
作・編曲:ばるたん 歌唱:みずけん 作詩:蜃気楼 2006製作 です。
皆様にお聞きいただければ幸です。

穂積アスカ > 古都1977の作品と違って、清々しい前奏がいいですね〜^^ 1977の方は、お声がさとう宗幸を思い出しました。蜃気楼さんらしい作品ですね。 (7/22-16:24) No.79
蜃気楼 > アスカさん、お聞きいただきありがとうございます。もう40年も前の(冷汗)歌声です・・・。 (7/22-21:58) No.81
名前 返信 文字色 削除キー

真夜中のプライド 投稿者: 穂積アスカ 投稿日:2017/07/10(Mon) 08:29 No.64 
ごめんね突然 ドライブ誘って
今夜は一人で 居たくはないの
真夜中の高速 アクセル踏み切る
いいの止めないで そういう気分

昼間出会った あの人の微笑み
別れ告げたのは 私の方なのに

壊れる寸前の 私のプライド
暗闇が どこまでも 追いかける
スピードと一緒に 飛んでいってよ
あの人の 笑顔も 声さえも

終わったCD 会話のないまま
他の好きな曲に 変えてくれてる
メロディと共に 緩みはじめた
注がれる視線 気づいているわ

心揺らいで 流されたくなって
強くハンドルを 握りしめ続ける

壊れる寸前の 私のプライド
唇が 小刻みに 震えてる
あの日から見せずに こらえた涙
横髪で 隠して こぼしてく

壊れる寸前の 私のプライド
暗闇が どこまでも 追いかける
スピードと一緒に 飛んでいってよ
あの人の 笑顔も 声さえも


☆アドレス変えました。宜しくお願いします。


みらく > 改稿前から拝見していますが、この詞のわくわくするようなポテンシャルの高さに私も夢中です^-^;
心惹かれるのは @本来開放感をもたらすはずのスピードが、閉塞感をもたらしていること A「アクセル」をふみこむことが元カレを忘れる方便だけではなく、助手席にいる男性への心理的な「ブレーキ」にもなっていること の2点。特にAの点がドラマチックで素敵だと思います。
なので6節7節はこのままでは惜しいと感じます。助手席に男性がいる前提をここでも生かしていただきたいです。 (7/10-17:10)
No.67
穂積アスカ > ワクワク感が伝わって嬉しいです!
主人公のプライドの葛藤がテーマなのですが、私自身が流されてしまって、二人がくっついてしまったり、一夜だけ甘えてみたりとかなり迷走しました。一週間この詩と付き合って、イヤイヤやっぱり流されちゃだめだろう、と思ったのですが・・・。
スリルあるスピード感も感じて頂きたく最後はリフレインとしました。 (7/10-18:02)
No.68
みらく > はい、私もこの詞の場合、流されちゃつまらなくなると思います。ぜひ心の中で踏みとどまっていただきたい^o^
ただ、せっかく同じ車に乗っているのに、助手席の男性、立場あらへん^-^;;; あともうちょっと描写がほしい〜 というのは私の勝手な願望です・・・ (7/10-18:49)
No.69
穂積アスカ > みらくさん、1、2番の1節で都合のいい彼っぷりを描いたつもりなのですが・・・^^;力尽きたので、少し寝かせておきますね。
(7/12-08:54)
No.70
蜃気楼 > 悲しい、淋しい、辛い  などの感情を表す言葉は、ただ 重ねても、繰り返しても、
実は 読み手聞き手には、思いは伝わりにくいということ。登場人物の動作や仕草、
あるいは 五感で感じる何かや、心象風景そのもの・・・等で表現したほうが共感を呼べる ということ・・・。
アスカさんに 前回伝えられなかったことを、見事にクリアされて、全体に統一感、流れが出てきましたね。
ただ、確かに、隣に座っている男性の存在感が少し希薄、ですね・・・汗。みらくさんや
私たちには、前回の投稿分からの流れで ある程度理解できるのですが、
この詩を初めて読まれた方々には、この詩の内容はなかなか伝わりにくいかもしれませんね。まして、歌として耳から聞いた場合はさらに、ではないかと思います。二人の関係、隣の彼をどう表現するかだと思います。あともう一工夫を。
サビは、メロディーを意識しながら、もう少し印象的なフレーズと、構成を
見つけてほしいです。
例えば「スピードと一緒に 飛んでいってよ」などは、「飛んで行ってよ スピードと一緒に」
にするだけでも、フレーズのもつ印象度、強さは増しますよ。
けして急がず、ゆっくり寝かせて熟成させてくださいね。 (7/14-06:40)
No.71
穂積アスカ > レスありがとうございます^^助手席の彼をこんなにもってくるんじゃなかったと反省しています・・。また再構築ですね^^;せっかちなので早く仕上げたくなりがちなんですが、10年前の詩を今見て「なんじゃこりゃ〜!!」とか思ったりするので、しばらく寝かせます。  (7/14-11:26) No.72
蜃気楼 > けして アスカさんにとって無駄な時間にはならないと思いますから・・・。 (7/15-12:07) No.75
名前 返信 文字色 削除キー

【 On The Boarder 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/07/06(Thu) 22:56 No.63  HomePage
【 On The Boarder〜ぼくは なんだか ひとを傷つけてばかりだね 】

きみを 愛するだけなら たやすいことさ
昨日と明日の間で・・・On the boarder

ねぇ きみ しっているかい 
男ってやつは
永遠を 誓った唇で
見え透いた嘘 重ねてゆくよ
lacking feeling 寂しさの せいにして   (欠落感)

去年別れた恋人と おなじ名前の猫が
僕の膝の上で あくびをしている

きみを 愛するだけなら たやすいことさ
夢と現実(うつつ)の間で・・・On the boarder

ねぇ きみ しっているかい    
優しいってだけで
この俺を 選んだというなら    
心ごと俺 裏切るかもね 
missing feeling 人生の せいにして   (喪失感)

去年別れた恋人と おなじ名前の猫が
僕の膝の上で 眠りについたよ

きみを 愛するだけなら たやすいことさ
過去と未来の間で・・・On the boarder

On the boarder  On the boarder・・・
名前 返信 文字色 削除キー

【 運命川 (さだめがわ) 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/07/04(Tue) 23:07 No.62  HomePage
銀杏の枯葉を 踏みしめながら
独り訪ねた 念仏寺(ねんぶつでら)
あの日のあなたは 賽の河原で
無縁仏に 掌(て)を合わせていた

運命(さだめ)の川は何故 あなたを 連れ去ったのか
二人は同じ 未来(あした)  生きるはずだった

人の世の無常 嗚呼・・・ 知らされてから
一年過ぎた 奥嵯峨の晩秋(あき)


茜に燃え立つ 紅葉に抱かれ
何を思うか 水子地蔵
墓地へと続いてる 笹の小径を
たどる旅人 知る人はいない

運命の川は何故 二人を 引き裂いたのか
あの愛だけは 「永遠(とわ)」も 信じられたのに

竹に結ばれた 嗚呼・・・ おみくじひとつ
あなたが遺した 愛の言霊 


運命の川は皆 輪廻の 海へと続く    
来世の僕も あなたとまた 出逢えるように

運命の川にいま 棹さし 舟を漕ぎだそう 
来世の僕も あなただけを 愛したい から

    
   *****

作曲・歌唱:朝霞生 作詩・編曲:蜃気楼 2006年製作です。
名前 返信 文字色 削除キー

皆様、 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/07/03(Mon) 23:24 No.59  HomePage
URLのBOXにご自身のURLを張り付けられる際には、自動的にhttp://が頭に付加されるようなので、ご自身のHPアドレスからあらかじめhttp://部分を外したうえで、入力、またはコピー&ペーストしてください。

みーま > ほんとだぁ〜童謡の投稿ページでやってみました。助かりました。教えて下さって有難うございました〜〜 (7/3-23:39) No.60
名前 返信 文字色 削除キー

an Armor 〜心の鎧〜 投稿者: みーま 投稿日:2017/07/03(Mon) 14:51 No.49  HomePage
今日も完璧さ 君は
素敵に見えるよ
だけどキツそうさ どこか
あやふやな微笑み

The armor of the heart 重たいだろう?
もう脱ぎ捨てて

※ キライにならない 僕なら君を
  仮(たと)え どんな君だって
  今すぐ見せてよ ほんとの姿を
  きっと もっと好きになれるさ  ※


恋のマニュアルなコース
何度も要らない
ボロが出る前に これで
やめにして 今夜は

The armor of the heart 怖がらないで
さぁ脱ぎ捨てて

  キライにならない 僕なら君を
  時に沈む その瞳
☆ 今すぐ見せてよ ほんとの姿を
  君の全て 愛したいのさ   ☆

The armor of the heart 捨てた僕だけ
ねぇ見つめてよ

  ※〜※ ☆〜☆ 繰り返し




http://musictrack.jp/musics/13420
名前 返信 文字色 削除キー

Love on the highway(改稿) 投稿者: 穂積アスカ 投稿日:2017/07/03(Mon) 11:45 No.42 
貴方じゃない彼(ひと) 助手席に乗せて
  貴方の面影 消すように飛ばすの  
  まるでシグナルね 赤いテールランプ
  どこへ向かってる? 車線だけ変えて

  ぬくもりが欲しくて 私から別れ告げたの
  ホントは知ってる 先に振られていた事

  わからない この先 どうなるの?
  一人には なれない 淋しくて
  忘れたい 貴方の 声さえも
  忘れたい 二人の 思い出も


  深夜の高速 アクセルは深く
  ごめん 止めないで いいのそんな気分
  終わったCD 会話のないままで
  そんな優しさが 今はほっとする 

  見なくても感じる 偽りない一途な愛
  スピードと共に 身をまかせてしまいたい

  悔しくて 泣きたい 今もまだ 
  一人には なれない そばにいて
  忘れたい ごめんね 我儘で
  許してね 今夜の 間だけ


  わからない この先 どうなるの?
  一人にはなれない 淋しくて
  忘れたい 貴方の 声さえも
  忘れたい 二人の 思い出も

みーま > 「終わったCD 会話のないままで」画が見えますね。この文面からですと、やはり男友達なのか元カレなのかが、まだ分かり難いように思います。ここまで偽りのない一途な愛をうたうのであれば、男友達を助手席に乗せる必要はないのでは?独りで車なりバイクなりで深夜の高速を飛ばした方が、絵になる気もします。私感ですが、ここはやはり乗せるなら、新しい彼氏かな。それですと後半の「忘れたい ごめんね 我儘で 許してね」や「一人には なれない」がグンと生きてくるように思います。重箱の隅を突くようなことばかり言ってごめんなさい(;'∀') (7/3-12:54) No.43
穂積アスカ > 辛口レスも続くときついですね〜〜!><
「偽りない一途な愛」を「私に注がれる視線」に変更いたします。 (7/3-20:29)
No.50
みーま > 「貴方の面影 消すように飛ばすの」とか「終わったCD~〜」とか、素敵なフレーズがあるだけに。。ごめんなさい、言い過ぎました(;'∀')こういう考えもあるんだなぁ程度に受け流して下さいませ。 (7/3-20:39) No.51
蜃気楼 > 別れを告げたばかりの 彼への メッセージ と、隣にいる 年下?の彼への 語りかけ が詩の中で、同軸に混在しているので、まとまりがつかなくなっているようです。
将来的に本当の恋人になるかもしれない助手席の彼ですが・・・、今はまだ 主人公のなかでは、自分のことを好きだと思っててくれていることには気づいてはいても、恋愛の対象ではない彼・・・。そんな彼を、深夜のドライブに付き合わせている・・・。本気で愛した人にふられて(おそらく心変わり?)、別れたばかりの傷心からくる底知れぬ淋しさ、ひとりではとてもいられない今の心理状態・・・、彼のやさしさに甘えて、寂しさを紛らわそうとしている?孤独な夜から ただ逃げ出そうとしている?そのあいまいな二人のいまの関係・・・、表現しようとされている着眼点がいいです。頑張ってくださいね、急がなくていいですから・・・。
登場人物のキャラクター設定や、ここまでのそれぞれの関係、芯となるストーリー設定が 明確になってくれば、アスカさんの頭の中で、登場人物たちはそれぞれが名優となって映画の1シーンを演じてくれるようになるでしょう。それを アスカさんはただ、スケッチすればいいだけです。
(7/3-22:43)
No.55
穂積アスカ > 蜃気楼さん、レスありがとうございます。ゆっくり考えてみます。 (7/4-08:15) No.61
名前 返信 文字色 削除キー

【 夢のあと 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/07/03(Mon) 07:52 No.41  HomePage
明けゆく海原 遠ざかる影は
きみが育った ふるさとの島           
船の軌跡に 舞い落ちてゆく
ちぎった楽譜は 風花のよう

眠れ我歌 天空(そら)を映す 群青の海
つかのま光り 輝いたなら
生命(いのち)の名残を 訪ねた僕の
冬の巡礼 いま おわりのとき

潮風はらんだ 僕のてのひら
きみが遺した 指輪がひとつ
漂う魂 慰めるものは
寄り添うように 群れ飛ぶカモメ

眠れ我歌 月も渡る 群青の海
夜明けの明星 消え行く前に
この世の無常を 唄い了えたら
遥か燈台 いま 僕を招く

眠れ我歌 祈り深き 群青の海
久遠の時間(とき)を きみの傍で
生命(いのち)の名残を 訪ねた僕の
冬の巡礼 いま おわりのとき

眠れ我歌 東雲(しののめ)には 陽の柱立つ
気づけばすべて 嗚呼・・・夢のあと


 
*作曲・編曲:ばるたん 作詩・歌唱:蜃気楼です。2007製作

みーま > 爽やかで優しく心地よいサウンドですね。この雰囲気と歌声&歌詞が、とてもマッチしているように思いました。 (7/3-12:58) No.44
蜃気楼 > みーまさん、お聞きいただいた上、コメントまで、ありがとうございます。この歌は、曲先でした。というか、別の拙詩に附曲いただいたのですが、そちらの詩にはすでに曲を附けていただいておりまして、改めて書かせていただいたものです。とてもいい曲をいただいたと喜んでおります。 (7/3-22:55) No.57
みーま > 曲先でしたか。私は、詞先・曲先の両方やります。私も蜃気楼さんと同じような状況なったことが何度かありますよ〜曲先ですと、普段詞先では出ないフレーズが思い浮かんだりして、楽しいですし勉強にもなりますよね。付けた詞が曲にピッタリだって言って貰えた時は、本当に嬉しいものですよね。 (7/3-23:16) No.58
名前 返信 文字色 削除キー

クラスメイトのままで 投稿者: みーま 投稿日:2017/07/02(Sun) 00:00 No.36 
休み時間の教室 後ろのドアから
アイツの声だ! あぁどうしよう...近づく気配

「顔が赤いぞ!暑いの?」 やっぱり言われた...
通りすがりの憎まれ口に ふくれる私

    でもね 好きなの...
    柔らかな 笑顔のキミが

※ いつか伝えるから 瞳(め)を見上げてこの想いを
  だけど今は何にも 気づかずにいてほしい
  クラスメイトのままで          ※


授業始まるチャイムで 素早く戻った
アイツの席は 右斜め前 気になる背中

髪は天然ウエーブ 見てたの気づいた?
ふいに振り向くオチャラケ顔に ときめく私

    だって 好きなの...
    アカンべーで 返したけれど

  きっと伝えるから 零れそうなこの想いを
  だけど今はこうして 側にいるそれだけで
  クラスメイトのままで

  ※〜※ 繰り返し

  クラスメイトのままで




http://musictrack.jp/musics/28725

穂積アスカ > 若々しい歌詞ですネ。昔こういう作風の詩を書いておりましたが、40過ぎた今はもう書けません^^; (7/2-08:52) No.39
みーま > ジャンルに拘らず、色々な詞にチャレンジしています。以前描いていたのでしたら、思い出しながら想像しつつ、きっとまた描けますよ〜 (7/3-13:03) No.45
名前 返信 文字色 削除キー

Love on the highway 投稿者: 穂積アスカ 投稿日:2017/07/01(Sat) 08:39 No.27 
  貴方じゃない彼 助手席に乗せて
  貴方の面影 消すように飛ばすの  
  まるでシグナルね 赤いテールランプ
  どこへ向かってる わからない私

  優しさが欲しくて 私から別れ告げたの
  ホントは知ってる 先に振られていた事

  わからない この先 どうなるの?
  一人にはなれない 淋しくて
  忘れたい 貴方の 声さえも
  忘れたい 二人の 思い出も


  深夜Highway アクセルは深く
  ごめん 止めないで いいのそんな気分
  隣の助手席 静かに見守る
  そんな優しさが 今はほっとする 

  瞳の奥光る 偽りない一途な愛
  感じる視線に 身をまかせてしまいたい

   悲しくて 淋しい 今もまだ 
   一人にはなれない そばにいて
   忘れたい ごめんね わがままで
   許してね 今夜の 間だけ


   わからない この先 どうなるの?
   一人にはなれない 淋しくて
   忘れたい 貴方の 声さえも
   忘れたい 二人の 思い出も

みーま > 今一緒にいてくれる男性のためにも、元カレを忘れたいのですね。例えば、サビの「忘れたい〜」の2行を、サビの頭に持ってくると、主人公の一番言いたい気持ちがグンと出て、曲が盛り上げ易くなる気がします。 (7/1-14:23) No.32
蜃気楼 > 蜃気楼 > 心理的に良い視点の設定ですね・・・。アスカさんですから、気になるところを言わせていただくと・・・、「わからない」や、「優しさ」とか「淋しくて/淋しい」等の言葉が重複して使われていることです。それと、2節の「深夜 Highway」は、1節に合わすなら「深夜の高速」とかで良いのでは?あと、2節3行目の「隣の助手席」は、1節1行目で すでに表現されているので、違うフレーズが差し込めそうですね。物語の設定が素敵なので、もう少し推敲を頑張ってください。 (7/1-22:52) No.35
穂積アスカ > みーまさん、丁寧なレスをありがとうございます。貴方じゃない彼、は男友達のことです。 (7/2-08:45) No.37
穂積アスカ > 蜃気楼さん、実は進歩してないんじゃないかとへこみましたが、愛のムチをありがとうございます! (7/2-08:48) No.38
名前 返信 文字色 削除キー

【 晩夏光 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/06/30(Fri) 22:45 No.26  HomePage
明日の見えない 夏の終りに
醒めてゆく愛 引き潮のよう
ひとつの物語の ラストシーンに 
波音がBGMを 奏でている

あなたには 帰って行く場所がある
見送る僕には 捨て切れない夢がある

別れを選んだときに こみ上げる切なさを
僕は 海へと投げ込んだ
寄り添う二人の影を 砂に映し出す晩夏光


永遠に思えた 夏の終りに
褪せてゆく愛 蜃気楼のよう
浪打際に立って 深呼吸すれば
遠ざかる空は秋を 手招きする

あなたには 待っている人がいる
旅立つ僕には 使いなれたギターがある

さよなら交わしたあとに 溢れ出るいとしさを
僕は ポケットに隠した
去りゆくあなたの影を 砂に映し出す晩夏光

・・・・・・

あなたが消えた海辺で 夏の日の真実を
僕は メロディーに残した
二人の季節の名残り 砂に焼き付ける晩夏光




*作曲:つきのまひる 作詩・編曲・歌唱:蜃気楼 です。

穂積アスカ > 聴きました♪南の香りのするメロディーですね。 (7/1-08:48) No.28
蜃気楼 > アスカさん、お聞きいただきありがとうございます。おそらく?舞台は、土佐黒潮鉄道沿線のとある海岸です・・・。 (7/1-22:41) No.34
名前 返信 文字色 削除キー

風のMelody 投稿者: みーま 投稿日:2017/06/30(Fri) 17:05 No.19 
突然の別れに 涙さえないまま
現実を心が まだ受け止められずにいた
日曜の憂鬱 無気力な窓辺に
悲しくて優しい 名も知らぬ歌 揺らめいた
  
  ※ 風のMelody 心を切なく包んで
  痛みの固まり いま溶かされてゆく
  風のMelody 瞳をぽろぽろ溢れて
  あなたの気持ちは もう戻らないと教えてくれた ※


告げられたサヨナラ 理由(わけ)も見えないまま
その時の場面を ただ思い廻(めぐ)らせたこと
見慣れてる景色も 色彩(いろあい)を失くして
ぼんやりと違った 街並みのように見えたこと
  
  ☆ 風のMelody 心に積もった涙と
  一緒に苦しさ ほら流されてゆく
  風のMelody 瞳に焼き付いた恋を
  あなたのすべてを Ah...思い出へと移してくれた ☆
    
    no more pain いつしか歌は
    静かに 何処かへ消えてた...
  
  ※〜※ ☆〜☆ repeat  F.O.
名前 返信 文字色 削除キー

俺だけの虹 投稿者: 蒼 ヨシヒロ 投稿日:2017/06/29(Thu) 21:15 No.18 
     俺だけの虹



   
     昆明街(くんみんがい)は土砂降り
     Tシャツだってびしょ濡れ
     約束の時間  
     間に合いそうにないけど
     走るオンボロバイクの
     アスファルト滑る気配
     耳をつんざく
     音に負けないで叫ぶ、、、
     愛してるんだ !
     ようやく心
     素直になれた
     俺なのさ
     出会った日から
     わかってたんだ
     お前は
     俺だけの虹、、、、





     行天路(ぎょうてんろ)を曲がれば
     傘の人波ばかり
     信号なんか
     ホントは無視したいけど
     雨がよくふる街の
     週末はなおさらに
     俺に似ている
     目をしたヤツらばかりさ、、
     愛してるんだ !
     行かないでくれ
     例え言葉が
     違っても
     出会った日から
     気づいてたんだ
     お前は
     俺だけの虹、、、






     愛してるんだ !
     そこにいてくれ
     バイクを止めて
     走り込む
     出会った日から
     決まってたんだ
     お前は
     俺だけの虹、、、、




    
名前 返信 文字色 削除キー

To My Daughter 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/06/29(Thu) 17:35 No.17  HomePage
先日投稿させていただいた、【TO MY DOUGHTER】
が歌になりました。
皆様にお聞きいただければ幸です。
名前 返信 文字色 削除キー

ふ・ら・れ・た 投稿者: みーま 投稿日:2017/06/29(Thu) 08:11 No.16 
気がつけば 暮れかかる空
見上げれば 幾つかの星
行き過ぎる 人たちの影
視線で追っても 彼じゃない

もう来ないのね... やがてビルの上
広がる雲は まるで私の心模様

※ Rain Rain降り出した 街が慌ててる
  Rain Rain紛らせた ひとり歩く濡れて濡れて...Tears  ※


いつからか 彼の心に
吹き抜ける 冷やかな風
遠去かる 恋の背中を
気づかないフリして きたけれど

Ah...サヨナラね... そして交差点
彩る傘は どれも私の眼にはグレイ

☆ Rain Rain染められて 街が沈んでく
  Rain Rain包ませて ひとり歩く今は今は...Tears  ☆

  ※〜※ ☆〜☆ repeat




http://musictrack.jp/musics/16036

穂積アスカ > 初めまして。雰囲気のにじみ出た素敵な楽曲ですね。 (7/1-08:50) No.29
みーま > わ〜有難うございます!聴いて下さったのですね。嬉しいです♪初めまして。この作曲の方のメロディラインは大好きなんです。幾つかコラボさせて頂いてます。 (7/1-14:13) No.30
名前 返信 文字色 削除キー

掲示板の変更 投稿者: 作詞どっとこむ 管理人 投稿日:2017/06/28(Wed) 17:40 No.11  HomePage
前回の投稿掲示板は見づらいところがありましたので、スタイルを変更いたしました。どうぞ今後もよろしくお願い申しあげます。

花月もみじ > わあ! 管理人さん、ありがとうございます。こんなにも投稿する私たちのことを考えてくれて掲示板を替えていただいて感謝します。 
(6/28-17:53)
No.14
管理人 多岐川 大介 > 花月もみじ さま。レス有難うございます。あなた様の素敵な作品をお待ちしています。春ならさくら、秋ならもみじ、わたしも花に縁のある歌が好きですので・・ (6/28-19:15) No.15
名前 返信 文字色 削除キー

To Each Way〜あの日の誓い〜 投稿者: みーま 投稿日:2017/06/27(Tue) 00:19 No.9 
笑い声がいつも キラキラ溢れてた
あの木漏れ陽の 木の下は
君も僕もそして みんなが集まった
そっと包んでくれる場所

同じ四季(きせつ)を一歩ずつ 繋いだ絆は
明日に永久(とわ)に切れないと 信じてる

※ 見つめはじめた未来 たとえ不安だとしても
木漏れ陽の木の下の Memories
胸に焼き付けて行こう Wow...To each way ※


光りそよぐ風に 瞳を輝かせ
語り合ったね そうそれは
まるで遠く見える 互いのおぼろげな
夢の形を作るように

違う道へとそれぞれに 離れて行っても
あの日の誓いいつまでも 忘れない

戻れなくても過去は 幻なんかじゃないよ
鮮やかなまま残る Memories
きっと色褪せたりしない Ah...To each way

※〜※ repeat
名前 返信 文字色 削除キー

桜色ソーダ 投稿者: 穂積アスカ 投稿日:2017/06/26(Mon) 15:31 No.7 
路地に止めた 車の窓の外
満開の花 ひとり見ている
前の春は あなたと見ていた
みんな 幸せそうだね

好きでもない 桜色のソーダ
綺麗だったから 買ってみた

ちいさな泡ぶくが のぼっては ぱちん
ピンク色の中で 溺れていたい


意地を張って 貴方の腕を
振り払った こともあったね
私たち いったいいつから
遠く 離れてしまったの

好きでもない 桜色のソーダ
サイドボードに 乗せてみた

ちいさな泡ぶくが のぼっては ぱちん
ピンク色の中で 溺れていたい

ちいさな泡ぶくが のぼっては ぱちん
思い出の中で ひたっていたい
無数の泡ぶくが のぼっては 消える
悲しい人魚じゃないよ

いまは 思い出の中 ひたりたいだけ


***

アスカです。ポップス掲示板ありがとうございました^^
苗字、つけました。
名前 返信 文字色 削除キー

【 To My Daughter 】 投稿者: 蜃気楼 投稿日:2017/06/25(Sun) 09:33 No.3  HomePage
Oh・・・my daughter 春になったら この街で
Oh・・・my daughter 暮らし始める 君だから
パパとママの青春を 伝えておきたかったのさ

・・・・・・
                            
学生時代を過ごした街の 蔦に埋もれたライブ喫茶は
開店前の静かなフロアに レイ・チャールズが流れていた

髪はグレーに変わったけれど マスター笑顔で迎えてくれた
壁のギターやレコードジャケット 珈琲の香りも昔のまま

思い出達が 息づくこの喫茶(みせ)
あの頃と違うのは 僕の隣で微笑むママが もういないこと

Oh・・・my daughter パパと離れて 違う道
Oh・・・my daughter 歩き始める 君だから
パパとママの青春を 伝えておきたかったのさ


暖炉の傍のピアノ鳴らせば 浮かんでくるよみんなの顔が
二人が未来誓った夜に 店を借りきり祝ってくれた

古い日付の落書きノート マスター見つけて君に見せたよ 
少し黄ばむページの中で 輝いているママの文字

思い出達が 優しいこの喫茶(みせ)
あの頃と違うのは 僕の隣にママそっくりの 君がいること

Oh・・・my daughter 後悔の無い 人生を
Oh・・・my daughter 君にも生きて 欲しいから
パパとママの青春を 伝えておきたかったのさ

Oh・・・my daughter ・・・・・・
Oh・・・my daughter ・・・・・・
それがママとの oh・・・ 最後の約束だったから・・・

蜃気楼 > 朝霞様に、附曲いただきました。 (2017/06/25(Sun) 09:37) No.4
管理人 多岐川 大介 > わあ、なかなかに格好いいラブソングですね! 愛する娘とママの面影が重なって浮かんできます。こうした絵のある作品を書くお手並みはさすがです。投稿有難うございます。  (2017/06/25(Sun) 09:46) No.5
蜃気楼 > 多岐川先生、POPSの投稿版、新設 ありがとうございます!
早々に投稿させていただきました。歌詞は10年前、朝霞様に附曲いただいたのも9年前(汗)、何とか編曲出来たのがつい1月ほど前・・・(冷汗)。6分30秒ほどの規格外の歌になってしまいました・・・(油汗)。
近日中に、朝霞様の歌唱で公開させていただこうと思っております。
よろしくお願いいたします。 (2017/06/25(Sun) 10:23)
No.6
名前 返信 文字色 削除キー

記事No 削除キー

- sakushi-fBoard -